兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.12.25
399 views

【神戸灘区】「cafe 香菜里屋」穏やかな空間でこだわりのコーヒーや和紅茶を堪能して

神戸市灘区、阪急王子公園駅から徒歩約6分のところにある「cafe 香菜里屋(かなりや)」。豆からこだわったオーガニックコーヒーや、やわらかい味わいの和紅茶が自慢です。素材にこだわり、店内で作る自家製のケーキもラインアップ。温かく落ち着いた空間の中で、ほっと一息つきに訪れてみて。

「cafe 香菜里屋(かなりや)」

神戸市灘区、阪急王子公園駅から北東へ6分ほど歩いたところに「cafe 香菜里屋(かなりや)」があります。こだわりのコーヒーが味わえる“珈琲屋”として、2023年5月30日にオープンしました。一杯ずつハンドドリップで淹(い)れるコーヒーと、自家製のケーキが人気です。

店内に入ると、まるでバーのようなカウンター席があります。随所にこだわりを感じられる空間には、穏やかでゆったりとした雰囲気が漂います。

元々お寺で住職をしていたという店主と、会社の経営をしていた奥さん。さまざまな経験を経て、歳を重ねてきた今「最後まで自分たちの好きなことをしたい」と、夫婦二人でカフェを開くことにしたんだとか。「人との関わりを繋げていくこと」を大切に、居心地のいい場所を提供しています。

店の奥には、テーブル席があります。ガラス張りの個室になっているので、家族や恋人と訪れた際も、ゆっくり落ち着いて過ごせそう。テーブル席の奥には、喫煙コーナーもあります。

カウンターで店主夫妻との話を楽しんだり、テーブル席で家族や友達との時間を過ごしたり、一人でまったり静かにくつろいだり。落ち着いた雰囲気の中で、訪れる人それぞれに合った過ごし方ができます。

「香菜里屋」という店名は、店主が一番好きだというミステリー小説「香菜里屋を知っていますか」から付けたそう。「小説の中に登場するバー“香菜里屋”で出されるご飯が本当においしそうで、そんなお店にしたいと思った」と店主は語ります。

オープンから約半年たったころ、「小説に出てくる“香菜里屋”ですか?」と、作者のファンだというお客さんが訪れたことがあり、「いつかこの小説を知っている人が来てくれる」というオープン当初からの夢が叶った瞬間だったのだとか。


・ハンドドリップで淹れるこだわりのコーヒー

同店は“珈琲屋”という名の通り、コーヒーにこだわっています。コーヒー豆は、農園と直接提携している「オーガニックコーヒー」を使用。店主が昔から飲んでいるお気に入りの豆で、店を出すときはこの豆を使いたいと決めていたのだとか。注文を受けてから豆を挽き、ハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒーが味わえます。

『オーガニック・ブレンド』450円

一番おすすめのコーヒー『オーガニック・ブレンド』は、酸味と苦味のバランスがとれた深い味わい。奥さんが作るケーキとの相性も抜群です。

定番のブレンド以外にも、四季で変わる季節限定ブレンドが登場します。取材日は、秋ブレンド「みのり」と、冬ブレンド「暖」がラインアップ。コーヒーの味で、季節の移ろいを感じられるのが楽しいですね。

・やわらかい味わいの和紅茶もおすすめ

『和紅茶(鹿児島産)』450円

一度飲むとハマる人も多いという『和紅茶』は、鹿児島県で作られている茶葉を使用しています。一般的な紅茶よりもやわらかい味わいで、一口飲むとふわっといい香りが感じられます。

ポットではなく急須で淹れることも、おいしくなるポイントなのだとか。そのままのおいしさを味わうために、断然ストレートで飲むのがおすすめです。

『和アールグレイ(鹿児島産)』500円

『和アールグレイ』もおすすめです。和紅茶ならではのやわらかさはそのままに、アールグレイの華やさがしっかりと味わえます。スッキリとした後味で飲みやすいので、普段紅茶を飲まない人にも、ぜひ一度飲んでみてほしい一杯です♪



・自家製のケーキもラインアップ

店内で奥さんが作るケーキは、同店に来たらぜひ食べてほしい一品。定番と季節の素材を使ったケーキが常時7〜8種類スタンバイしています。「コーヒーと合わせて、気軽に食べてもらいたい」との思いから、ケーキの価格はリーズナブルに設定されているのもうれしいポイント。

『ブルーベリーレアチーズケーキ』300円

ブルーベリーがごろごろ入った『ブルーベリーレアチーズケーキ』は、ケーキの中でも一番人気のメニュー。徳島県の農家から仕入れているブルーベリーは、おいしさがぎゅっと詰まった濃厚な味わい。クリームチーズはよつ葉のものを使用していて、さっぱりとした爽やかな味が特徴です。

『ベイクドじゃがいもケーキ』250円

『ベイクドじゃがいもケーキ』は、ジャガイモの優しい甘みが感じられる一品。ホクホクした食感にするために、男爵のジャガイモを使っています。トッピングのはちみつバターは、ジャガイモと相性抜群!他ではなかなか見かけることのないメニューなので、同店に訪れたらぜひ一度食べてみて。

『ガトーショコラ』250円

冬になると人気が出てくるという『ガトーショコラ』は、甘すぎない大人な味わいです。奥さんが自分の子どものために、昔から繰り返し作っていたレシピなのだとか。チョコレートの濃厚な味わいは、コーヒーとの相性もぴったりです♪

落ち着いた空間の中で、こだわりのコーヒーや和紅茶が味わえる「cafe 香菜里屋」。同店は「食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)」という農林水産省の取り組みにも参加していて、食品ロスを減らす工夫もしています。ゆったりした雰囲気の店内で、おいしいコーヒーを味わいに一度立ち寄ってみてはいかが。

■詳細情報

■DATA

cafe 香菜里屋(かなりや)

所在地
兵庫県神戸市灘区中原通5-3-17
電話番号
078-861-1157
営業時間
9:00〜18:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年11月22日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP