兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.8.18
1,455 views

【閉店】「喫茶うさぎや」オープン!レトロモダンな空間で贅沢なランチやスイーツを

神戸市中央区、花隈エリアにオープンした「喫茶うさぎや」。レトロな趣を残しつつモダンな雰囲気を兼ね備えた、落ち着いた空間が魅力のカフェです。店主の“好き”を散りばめた食事やスイーツは、ジャンルを問わずセレクトした器に盛り付けられ特別感満載。大切な人とのんびり語らいたい日や、おひとり様で優雅に過ごしたい時に、ふらっと訪れてみては?

 

※2024年3月31日をもって、閉店いたしました。(3月31日時点)

・レトロモダンな雰囲気のカフェ「喫茶うさぎや」

神戸市中央区、阪急花隈駅と地下鉄県庁前駅からそれぞれ歩いて5分ほどの場所に店を構えるカフェ「喫茶うさぎや」。おいしい食事やスイーツはもちろん、インテリアや食器など細部にまでこだわり、のんびり過ごせる場所を提供したいと2023年7月1日にオープンしました。かわいらしい赤い屋根のアーチ窓を目印に訪れて。

優しい色合いで統一されたコンパクトな店内。かつて純喫茶を営んでいた造りを生かし、どこか懐かしいシュガーポットやミルなどがさり気なく並べられています。そんなレトロな雰囲気の中にも、一つひとつ風合いの異なるテーブルやペンダントライトなど、ところどころにモダンな要素を融合。過去にも未来にもタイムスリップできるような、ちょっぴり不思議な空間が広がっています。

カウンターにはあえてソファを設置。おひとり様でも気兼ねなくくつろぐことができ、温かい人柄の店主とのおしゃべりも楽しめます。


・器にもこだわった『漬け丼とだし巻き定食』

『漬け丼とだし巻き定食』1,680

食事メニューは『漬け丼とだし巻き定食』の一種類のみ。“しっかりごはんが食べたい”と“カフェに行きたい”という両方の願いに応えたいと、店主のこだわりを詰め込んだ定食です。ランチとしてだけでなく、時間帯を問わずオーダーできるのもうれしいポイントです。

「漬け丼」は、3種類ほどの旬の海鮮を、九州の甘口しょうゆに一晩漬け込んでいます。表面はしょうゆの複雑なうま味を感じられつつ、中は刺身のみずみずしさを残した絶妙な味付けで、雑穀米のごはんとマッチ。花びらのような形の器に盛り付けられとってもキュート。

和食屋で修行を積んだ店主が腕をふるう「だし巻き」には、卵を贅沢に3個使用。たっぷりのだしを加え、オーダーを受けてから丁寧に焼き上げています。噛むごとにジュワッと広がる優しい味わいと、ぷるっふわっとした食感が魅力。ボリューミーですがぺろりと食べられます。

日替わりの小鉢は2種類で、取材日は「ゴーヤとツナのナムル風」と「トマトのさっぱりお浸し」。旬の野菜を使った、季節を感じる献立です。店名にちなんだ「うさぎリンゴ」も添えられています。

・フォトジェニックなドリンク&期間限定スイーツ

『クリームソーダ』各780

SNS映え間違いなしの、あざやかな『クリームソーダ』。着色料不使用で、ハーブで色付けされているというから驚きです。「赤」はハイビスカス、「青」はバタフライピーで、別添えのレモン汁を加えると紫色へと変化する過程も楽しめます。さらに、植物由来のアガベシロップで甘さを調節し、トッピングには、夏でも飲みやすいようスッキリとしたミルクジェラートをチョイス。純喫茶を思わせる定番メニューながら、オリジナリティあふれるドリンクです。

『まるごと桃のぱっかーんパルフェ』1,280円 ※2023年8月末ごろまで

インパクト抜群の『まるごと桃のぱっかーんパルフェ』は、その名の通り、山梨県産のモモを丸ごと1個使用した贅沢なスイーツ。くり抜いた種の部分にはサワークリーム入りのサッパリとした特製クリームを詰め、豪快にのせたミルクジェラートの上には、うさぎのクッキーをオン。底に敷いたグラノーラが食感のアクセントになっています。果実だけでもしっかり甘くジューシーなモモに、ひと手間加えた背徳感たっぷりのスイーツを堪能して。数量限定のため、確実にゲットするには公式InstagramのDMから事前予約がベターです。



・パティシエが作る焼き菓子はテイクアウトもOK

『チーズテリーヌ』530

パティシエが作る『チーズテリーヌ』も人気。チーズ好きにはたまらない濃厚な風味と、ねっとりとした食感が特徴です。大人な味わいの『ショコラテリーヌ』(530円)もあり、どちら選べない欲張りさんには『テリーヌ ハーフ&ハーフ』(580円)がおすすめ。

ペアリングの良いドリンクは、ハンドドリップで丁寧に淹(い)れてもらえる『コーヒー』(550円)。深煎(い)りでしっかりとした苦味とコクを感じられる、飲みやすい一杯です。メディカルハーブの資格を持つ店主が季節に合わせてブレンドした『ハーブティー』(600円)も用意。心置きなくゆったり過ごしてもらいたいと、ドリンクはすべてたっぷりサイズで提供しています。

『カヌレ』350

食後にちょこっとスイーツが食べたい時にぴったりな『カヌレ』。表面はソフトな口当たりながら、中はしっとり弾力がありギュッと詰まっています。しっかりした甘さで、小さめサイズですが食べ応えもGOOD。焼き菓子はテイクアウトできるので、気軽に声かけを。

懐かしさの中に現代的要素を取り入れたオシャレなカフェ「喫茶うさぎや」。店主自身がお客さんとして行きたいと思える店作りを心がけていることが、細部から伝わってきます。都会の喧騒から離れ、おいしい食事やスイーツで癒やしのひと時を過ごしてはいかが?

■詳細情報

■DATA

喫茶うさぎや

所在地
兵庫県神戸市中央区区花隈町10-9
営業時間
12:00~18:00
※2024年3月31日をもって、閉店いたしました。(3月31日時点)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年8月4日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP