兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.11.13
1,495 views

【神戸垂水】「isajia coffee and tea」洗練された空間でスペシャルティラテを♪

神戸市垂水区星が丘「兵庫県立神戸商業高等学校」の前に店を構える「isajia coffee and tea(イサジア コーヒー&ティー)」。エスプレッソマシーンで淹(い)れる“真のカフェラテ”のおいしさに魅入られた店主が営む、カフェラテやコーヒーが自慢のカフェです。特に、店主が丁寧に淹れるカフェラテのおいしさは格別!アンティークな雰囲気漂う洗練された空間で、手作りのスイーツやフードと一緒に至高のスペシャルティラテを味わってみませんか?

・isajia coffee and tea(イサジア コーヒー&ティー)

神戸市垂水区星が丘にある「isajia coffee and tea(イサジア コーヒー&ティー)」は、コーヒー好きの店主が営むオシャレで本格的なコーヒーが味わえるカフェ。「兵庫県立神戸商業高等学校」のすぐ目の前にあり、 JR・山陽電車垂水駅からはバスで約10分ほどで着きます。徒歩5分圏内にバス停も複数あり、公共交通機関でもアクセスしやすいので、気軽に訪れてみて。

店主が約3カ月かけて建築会社と一緒に作り上げたこだわりの店内。店主の知り合いも誘って、モルタルを壁に塗ったり、床材を敷き詰めたり、ドライフラワーで装飾したりと、DIYならぬ“DIT(do it together)”で楽しみながら店づくりを進めたそう。アンティークな雰囲気が漂う店内にはゆったりとした時間が流れ、癒やしのカフェタイムを満喫することができます。

店のシンボルは、天井に埋め尽くされたアジサイのドライフラワー。この装飾もみんなで協力しながらデザインしたそう。店名の「isajia」も、このアジサイを逆さ言葉にした造語なんだとか。天井を流れる“アジサイの川”のようで、眺めているだけで心が洗われそうですね。

一つひとつ席のテイストが異なり、それぞれに魅力がありますが、中でも店主のお気に入りはローテーブルの席。建築会社が特別に作ってくれたこの世に一つしかないテーブルです。天板の下を覗きこむと、アジサイのドライフラワーが飾られていてフォトジェニック。ドライフラワーを鑑賞しながらのんびりとくつろげます。


・スペシャルティコーヒー豆で淹(い)れるカフェラテ

『カフェラテ』490円

元々紅茶派だったという店主がカフェを開くきっかけとなった『カフェラテ』が看板メニュー。とあるカフェで、本格的なエスプレッソマシーンで淹(い)れてもらったカフェラテがあまりにおいしく、どんどんコーヒーの世界に魅入られていったそう。コーヒーのセミナーで勉強したり、世界でも有名なバリスタの技を見て盗んではひたすら練習したりと、自分自身が体感した“最高の一杯”をかなえるために日々励んだ店主。「自分のようにコーヒーが苦手な人も、砂糖がなくてもおいしいと感じるようなカフェラテを提供したい」との思いが芽生え、カフェをオープンしました。

おいしいカフェラテの条件は「質の高いエスプレッソ」と「きめ細やかで甘いフォームミルク」の二つ。エスプレッソに使用するコーヒー豆は、西宮市にある自家焙煎のスペシャルティコーヒー専門店「TAOCA COFFEE(タオカコーヒー)」から仕入れるオリジナルブレンド「isajiaブレンド」を使用。ブラジルをベースに3種類のスペシャルティコーヒー豆をブレンドし、ミルクと合わさったときに甘みを強く感じる味わいが特徴です。

店主が愛用しているエスプレッソマシーンはイタリア生まれの有名な「ラ・マルゾッコ」。オートマチックのものが主流となっている近年では珍しい、レトロな手動タイプを長年使い続けています。天気や豆の挽(ひ)き具合など、さまざまな要因でおいしさが変わる繊細なエスプレッソ。特に手動タイプはバリスタの腕が試されますが、店主は一日に何度もエスプレッソマシーンの微妙な調整を行い、常においしくて質の高いエスプレッソを心がけています。

エスプレッソと同じくらい、一回一回に精を尽くしているというのがミルクのフォーミング。ほどよく温められたフォームミルクは、ミルク本来の甘さが引き出され、口あたりもとってもまろやか。飲んだ後に口の周りにミルクの泡が付かないほど、きめ細やかに仕上がっています。エスプレッソと合わされば、甘さをより感じることができます。ぜひ至高のスペシャルティラテをご賞味あれ。

・ドリンクとの相性を考え抜いた『バスクチーズケーキ』

『米粉のバスクチーズケーキ』500円

『カフェラテ』をはじめ、多彩なエスプレッソドリンクや約5種類のハンドドリップコーヒー、芦屋の紅茶専門店「uf-fu(ウーフ)」の紅茶、ジュースなど、ドリンクメニューを豊富にスタンバイしているのもポイント!どんなドリンクにも合うように考えられた自家製のスイーツにも注目です。

中でも人気No.1は『米粉のバスクチーズケーキ』。使用している材料は、神戸市西区の「ナチュラリズムファーム」のオーガニック米粉や、淡路島「北坂養鶏場」のうみたて卵、北海道産クリームチーズ、「タカナシ乳業」の純生クリーム、きび砂糖。シンプルだからこそ、素材そのものにこだわり尽くした贅沢なスイーツです。まったりかつトロリとした食感と生乳のコクを感じる濃厚な味わいは、一度食べるとやみつきに。表面が焦がしキャラメルのような香ばしさを持ち、一緒に食べるとキャラメルチーズケーキのような味わいに。焦げ目も余すことなく味わって。



・素材からこだわる手作りのフードメニューも

『ふわとろオムライス』750円

素材からこだわった手作りのフードメニューもあるので、ランチ利用もおすすめ!軽めに済ませたい日はトーストや『米粉のカスクートドッグ』、がっつり食べたい日は『ふわとろオムライス』がぴったり♪

淡路島「北坂養鶏場」のうみたて卵を3個も使用し、絶妙な加減の半熟卵でケチャップライスを覆いかぶせた一品。ふわとろ卵を作るときのポイントは2つ。米油とバターを惜しみなくたっぷり使うことと、ひとつまみの塩を加えることなんだとか。自宅のオムライスとはひと味違うリッチなオムライスを心ゆくまで味わって。

『クロックムッシュ』650円 ※金曜限定

金曜日は、自家製豆乳ベシャメルソースを使った限定メニューが登場します。同店のベシャメルソースはほぼ濃厚な豆乳のみ。湊川の「原商店」の豆乳を使用し、少量の昆布出汁や白ワインで味を調えています。それなのに生クリームやバターのようなコクを感じるから不思議。高品質の豆乳を使用しているので独特のクセが少なく、豆乳の甘い風味を生かした味わいで、老若男女食べやすい一品です。

『クロックムッシュ』は、食パンの上にハム、ベシャメルソース、チーズの順にのせ、こんがり焼き上げた一品。『和み食パン』のしっとりとした食パン生地とまろやかなベシャメルソース、チーズのとろけ具合が、食感も味わいも相性抜群。熱々のチーズをハフハフしながら召し上がれ。

このほか、旬の素材を使った『グラタン』(950円)や『クロックムッシュ』、『クロックマダム』(750円)がラインアップ。中でも、地元で人気のベーカリー「小麦庵(こむぎあん)」の『和み食パン』を使ったトーストメニューがおすすめです。

チャイや紅茶の茶葉、米粉など、お店で使用している材料も一部販売しています。その横には、センスの良いドライフラワーのインテリア雑貨も。コーヒーだけではなく、空間そのものや雑貨など、いろんな楽しみと癒やしでもてなしてくれる「isajia coffee and tea」。ドリンクはテイクアウトも可能なので、近くに来たときは気軽に足を運んでみて。

■詳細情報

■DATA

isajia coffee and tea(イサジア コーヒー&ティー)

所在地
兵庫県神戸市垂水区星が丘3丁目5-19
電話番号
078-587-2630
営業時間
10:30~17:00(L.O.16:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年10月22日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP