兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2024.3.16
278 views

【神戸三宮】「リッチョドーロ」アレルゲンカットでも濃厚でなめらかな味わいのジェラート専門店

神戸市中央区、市営地下鉄三宮・花時計前駅の近くにある「Riccio d'oro(リッチョドーロ)」は、アレルギー原因食品28品目をカットしたジェラートが食べられるジェラート専門店。牛乳や卵、生クリーム不使用なのに、濃厚でなめらかなジェラートが楽しめます。豊富なフレーバーから選ぶ楽しさを味わって。

・ジェラート専門店「Riccio d’oro(リッチョドーロ)」

神戸市中央区、各線三宮駅から徒歩約7分、市営地下鉄三宮・花時計前駅から徒歩3分ほどの場所にある「Riccio d’oro(リッチョドーロ)」。アレルギー原因食品28品目をカットしたジェラートの専門店です。オープンテラスのある白い店舗を目印に訪れて。

テラスにはテーブル席があり開放的な雰囲気。外の空気に触れながら、ゆったりと味わうジェラートはまた格別です。近くには「東遊園地」があるので、テイクアウトして公園内で食べるのもいいですね♪

店内に入ると、温かみのある明るい空間が広がります。ショーケースにはジェラートが並び、店内にもイートインスペースのカウンター席があります。

店名の「Riccio d’oro」とは、イタリア語で「金のハリネズミ」という意味です。イタリアやフランスでは「幸せを運ぶ動物」として愛されているハリネズミ。

「金色に輝く幸せをお客様にお届けしたい」という願いを込めて名付けられました。鏡のステッカーや置物など、店内のあちこちにハリネズミが隠れているのでぜひ見つけてみて。


・豊富なフレーバーから選べるジェラート

ジェラートは1種盛りから3種盛りまで選ぶことができ、ショーケースには色とりどりのジェラートがずらりと並びます。

オーナーは自分の子どもにアレルギーがあったことがきっかけで、アレルゲンカットでもおいしい食べ物を作りたいと思ったそう。試行錯誤の末、牛乳や卵、生クリーム不使用のジェラートを作り上げ、2017年に同店をオープンしました。

『ジェラート 1フレーバー(ミルキッチョ)』385円

まろやかな優しい甘さが口いっぱいに広がる『ミルキッチョ』はココナッツミルクやライスミルク、メープルシュガーなどを使用して作られています。初めて食べる味わいなのにどこか懐かしい、そんな気持ちになるジェラートです。

『ジェラート 2フレーバー(モンブラン・チョコレート)』550円 ※期間限定

ほっくりとした栗のペーストが練り込まれている『モンブラン』は濃厚で、まさに秋冬に食べたい期間限定フレーバー。ねっとりと濃厚な口当たりの『チョコレート』はカカオのビターな味わいが楽しめます。

『ジェラート 3フレーバー
(リッチョコクリーム・ピスタチオ・4種のミルクベリー)』660円

クッキーのザクザク食感が楽しい『リッチョコクリーム』。ひよこ豆のクッキーと自家製チョコレートチップが入っています。ジェラートの王道フレーバー『ピスタチオ』は豆の奥深いコクが楽しめる大人の味わい。甘酸っぱいベリーがさわやかな『4種のミルクベリー』はピンク色で見た目も愛らしい一品です。

・ジェラートと一緒にこだわりコーヒーを味わって

バリスタの免許も持っているオーナー。こだわりのエスプレッソマシンで作るコーヒーメニューもスタンバイしていて、ジェラートとの相性も抜群です。

『カプチーノ』495円

同店のドリンクメニューは牛乳の代わりにアーモンドミルクを使用しています。アーモンドミルクのまろやかな甘みとオリジナルブレンドのコーヒーのコクがマッチした『カプチーノ』。ジェラートと一緒に味わうのにピッタリの一品です。

ドリンクメニューはほかに『アイスコーヒー』(418円)や『ホットティー』(396円)、『アーモンドミルク』(473円)などがあります。

アレルギー原因食品28品目をカットしたジェラートの専門店「Riccio d’oro」。豊富なフレーバーからジェラートを選ぶ楽しさを多くの人に届けている同店。今まではアレルギーでジェラートが食べられなかったと、涙を流して喜ぶお客さんもいるのだそう。ぜひ優しい味わいのジェラートを楽しんで。

■詳細情報

■DATA

Riccio d’oro(リッチョドーロ)

所在地
兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-12
電話番号
078-891-8880
営業時間
13:00〜18:30(L.O.18:00)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年2月17日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP