兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.11.4
3,045 views

【神戸三宮】「代官山Candy apple三宮店」オープン!“本気のりんご飴”を堪能して

神戸市中央区、各線三宮駅から5分ほど歩いたところに「代官山Candy apple(キャンディーアップル)三宮店」が2023年9月にオープンしました。産地直送の高級りんごを使用し、味にもこだわり抜いた“本気のりんご飴”が話題を集めています。三宮へ訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみて。

・「代官山Candy apple(キャンディーアップル)三宮店」

神戸市中央区、各線三宮駅から徒歩約5分、三宮センター街の近くに、りんご飴専門店「代官山Candy apple(キャンディーアップル)三宮店」が2023年9月23日にオープンしました。

使用するリンゴや製法にこだわり、おいしさを追求した「本気のりんご飴」が話題を呼んでいます。Tik TokやInstagramを中心に注目を集めていて、オープン前から行列が出来るほどの人気ぶり。緑色の看板を目印に訪れてみて。

店内にはイートインスペースがあり、テイクアウトかカットテイク(イートイン)を選ぶことができます。木目を基調としたナチュラルな空間に、テーブル席が5卓。複数人で訪れて、いろいろな味をシェアして食べるのもオススメです♪


・“本気のりんご飴”ができるまで

元々りんご飴が好きだったという社長が「りんご飴を見つけると、つい買ってしまうのはなぜだろう?」「本当においしいりんご飴を作ることができたら、人気が出るのでは?」と考えたことがきっかけで、“本気のりんご飴”を作ることに。

初めは週に1日だけの販売でしたが、メディアで紹介されたり、テレビドラマでも使われたことがきっかけで人気が加速。今では全国に18店舗を構え、百貨店の催事に出すと毎回行列が出来るほどの人気ぶりです。

りんご飴に使うリンゴを探すために、東京から青森まで足を運んだのだそう。同店のりんご飴には、青森産のリンゴをメインに使っています。その季節で一番おいしい旬のリンゴを選んで使用するので、一年を通して「早生ふじ」「サンふじ」「有袋ふじ」とリンゴの種類が変わり、味もかなり違ってくるのだとか。何度も通って、自分好みのリンゴを見つけたくなりますね。

同店のりんご飴は、お祭りの屋台で売られているものとは違って、飴がとても薄く作られています。ちょうどいい温度や湿度を見つけるために、1℃の単位にこだわり、半年以上かけて試作を重ねたのだとか。

また同店では、毎朝産地直送でリンゴを仕入れていて、その日に仕入れたリンゴをその日のうちに使っているのだそう。いつ行っても、新鮮でおいしいリンゴを味わえるのが魅力です♪

・定番の人気フレーバーに注目

『プレーン』680円

リンゴの味を最大限に味わうために、一度は食べてみてほしい『プレーン』。パリパリ食感の飴と、口の中にじゅわっとあふれるリンゴの果汁が堪りません。最高級のリンゴを使用した贅沢な味わいは、まさに“本気のりんご飴”です。

『ヨーグルチョコ』790円

『プレーン』を含め全8種類あるフレーバーの中でも、一番人気の『ヨーグルチョコ』。ドラマ「恋はつづくよどこまでも」に登場したのも、この商品です。実はこのフレーバーにはヨーグルトは使っておらず、ホワイトチョコでコーティングしていて、味がヨーグルトに似ていることからこのネーミングになったのだとか。優しい甘みと、さっぱりとした風味が感じられます♪



・きなこや抹茶!和を感じるフレーバーも充実

『丹波黒豆きなこ(カットテイクのみ)』790円

どこか懐かしさを感じるフレーバー『丹波黒豆きなこ』は、兵庫県丹波産のきな粉を贅沢に使用。“兵庫県産”ということもあり、三宮店ではほかの店舗よりもきな粉の人気が高いのだとか。香ばしいきな粉の香りと、リンゴの甘さが相性抜群です!

『宇治抹茶(カットテイクのみ)』790円

人気のフレーバー『宇治抹茶』は、ほろ苦い抹茶とジューシーなリンゴが絡み合い、くせになる一品です。

同店ではほかにも『紅茶』や『ほうじ茶』など、お茶を使ったフレーバーが充実。「アップルティーのように紅茶が合うのなら、他のお茶もおいしいのでは?」という発想で、いろいろなお茶を試してみたそう。

『丹波黒豆きなこ』と『宇治抹茶』の2つは、テイクアウトができず、カットテイクのみの提供。食べやすいように一口サイズに切ってもらえるので、店内で食べたり、食べ歩きをするのもいいですね。

・注文を受けてから絞る『林檎100%ジュース』

『林檎100%ジュース』550円

注文を受けてから、専用の機械を使って一杯ずつ絞る『林檎100%ジュース』。「傷がついてしまったリンゴを捨てるのがもったいない」という理由で、その場で絞るリンゴジュースを提供することになったのだそう。余すことなくリンゴを使ったジュースは、リンゴのおいしさがたっぷり味わえる贅沢な一品です。

こだわりのりんご飴が味わえる「代官山Candy apple 三宮店」。若い人はもちろん、懐かしさを求めて訪れる人も多いのだとか。センター街の近くにあるので、買い物の休憩に寄ってみるのもオススメですよ。神戸三宮に訪れた時には、話題のりんご飴を味わいにぜひ一度訪れてみて。

■詳細情報

■DATA

代官山Candy apple(キャンディーアップル) 三宮店

所在地
兵庫県神戸市中央区三宮町1-3-5 BONビル1階
電話番号
078-954-6474
営業時間
11:00〜19:00 (無くなり次第終了)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年10月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP