兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.12.12
2,371 views

【閉店】わらび餅専門店「心音8(ねねや)」練りたてのぷるモチ食感が自慢♪イートインも

神戸市中央区の元町にある「心音8(ねねや)」。本わらび粉を配合し、職人が店内で毎朝練り上げ、できたてを提供するわらび餅専門店です。わらび餅入りのかわいいドリンクや、最中に包まれた新食感わらび餅にも注目。SNS映えのイートインスペースがあるのでカフェ利用もOKです。

※閉店しました(2023年10月23日時点の情報)

・わらび餅専門店「心音8(ねねや)」

神戸市中央区、神戸市営地下鉄旧居留地・大丸前駅すぐの場所に店を構える「心音8(ねねや)」は、2022年9月2日にオープンしたわらび餅専門店。本わらび粉を使用し、独自の配合で練り上げるわらび餅を販売しています。

テイクアウトはもちろん、ゆったり過ごせるイートインスペースもあります。2階は韓国カフェをイメージした空間で、貝殻の形をしたピンク色のイスやブランコがあり、遊び心が満載。

サーフボードが飾られた3階は海をモチーフにした空間で、どちらもSNS映え間違いなし。商品を購入したら、お気に入りのスペースを見つけて撮影をお忘れなく。週末の14:00以降は混雑することが多く、来店は午前中が狙い目です。


・店内で練り上げ!本わらび粉使用のわらび餅

『練りたてわらび餅』700

自慢の『練りたてわらび餅』には本わらび粉を使用。きな粉との相性や水分量にこだわり、独自の配合でぷるぷるモチモチの食感に仕上げています。一番の特徴は、店内の機械で毎朝職人が練り上げていること。できたてのおいしさは格別です。

きな粉も厳選し、北海道産の大豆を、京都市の京菓子原材料専門店で挽(ひ)いてもらったものを取り寄せ。大豆本来の甘さを感じられ、きめが細かく舌触りの良さが魅力。わらび餅と一緒にふわっと溶けてなくなります。

プラス50円で4種類から選べるソース付きに。ピスタチオ、抹茶、黒蜜、ゴマから好みや気分に合わせてチョイスして。

イートインの場合、わらび餅入りのドリンクと一緒に800円でお得に楽しめるセットもあります。茶筅(ちゃせん)でたてる本格的な抹茶がセットになった『わらび餅お抹茶セット』(750円)もおすすめ。

・わらび餅入りドリンクや期間限定メニューも

『飲むわらび餅ドリンク(抹茶、苺ミルク)』各550

『飲むわらび餅ドリンク』は4種類。小さめにカットしたわらび餅がたっぷり入った、満足感のあるドリンクです。ホイップやソースが飾られ見た目もキュート。濃厚な風味の「抹茶」、果肉入りの「苺ミルク」のほか、スッキリとした「珈琲」や「ロイヤルミルクティー」があります。

『最中わらび餅』250

ピンク色のハート型がかわいい最中に包まれた『最中わらび餅』は若い世代に人気。パリッとした食感の最中に、モチモチのわらび餅、なめらかなあんこ、クリーミーなホイップがサンドされた新食感の和スイーツです。より香ばしい風味が感じられる丸型の最中も選べます。一番おいしい状態で味わってもらうため、『最中わらび餅』はイートイン限定です。

『モンブラン』400円 ※12月末ごろまで

期間限定メニューもあります。『モンブラン』は、わらび餅の上にモンブランクリームを絞り、栗をオン。わらび餅本来の味を引き立てるため、甘さ控えめに仕上げています。今後も季節に合わせた限定メニューが随時登場する予定です。

材料にも製法にもこだわり、練りたてのわらび餅を提供する「心音8」。老若男女に親しまれるおいしさで、ちょっとした手土産に選ぶお客さんも多いそう。王道から変わり種まで、あらゆる味わい方ができるわらび餅を求めに、気軽に訪れてみては。

■詳細情報

■DATA

心音8(ねねや)

所在地
兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-8
電話番号
078-220-9139
営業時間
11:30~18:00
※閉店しました(2023年10月23日時点の情報)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年11月8日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP