兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.5.31
594 views

【神戸元町】ダイニングバル「ShimaNomi」琉球イタリアンと泡盛で島気分を味わって♪

神戸市中央区、元町エリアにある「ShimaNomi(シマノミ)」。沖縄食材を使用した、琉球イタリアンを楽しめるダイニングバルです。沖縄から仕入れたアグー豚を、5時間煮込んだ軟骨ソーキは絶品。島の雰囲気あふれる店内で、手作りのサーターアンダギーや泡盛を片手に”島呑み”を楽しんでみてはいかが。

・ダイニングバル「ShimaNomi(シマノミ)」

神戸市中央区、各線元町駅から歩いてすぐのところにあるダイニングバル「ShimaNomi(シマノミ)」。黄色いビルの階段を登った2階にあるので、ビルの入口にかけられたビーチ感あふれる看板を目印に訪れて。

小さい頃から沖縄料理に馴染みがあったというオーナーが、「若い人にも、気軽に沖縄料理に触れてほしい」との思いで、沖縄の食材を使った琉球イタリアンの店をオープン。忙しい毎日を過ごす神戸の人たちに、島に行ったような気持ちでゆったりしてほしいと思い「ShimaNomi」という店名をつけたんだとか。

店内は、沖縄や海をイメージした内装になっていて、島気分を味わうことができます。テーブル席が3つと、こぢんまりしていて落ち着く雰囲気。おひとり様でランチを楽しむもよし、仲間とゆっくりお酒を楽しむもよし、思い思いの過ごし方を見つけてみて。

カウンター席も2席用意されています。目の前で調理される料理を見ながら、一杯飲むのもいいですね♪オーナーと沖縄談義をする楽しみ方もいいかも。


・5種類のペペロンチーノと自家製ピザが人気

「ペペロンチーノが得意なので、パスタはわかりやすくぺぺローンチーノだけにしました!」と語るオーナー。パスタメニューにはペペロンチーノがなんと5種類!『ベーコンとアスパラのシンプルぺぺ』(880円)といった王道のものから、『くるまふとミミガーのかつお節ぺぺ』(980円)など沖縄特有の食材を使用したものまで多種多様なラインアップ。その日の気分や、好みに合わせてお気に入りのペペロンチーノを見つけてみて。

『あぐー豚軟骨ソーキの豚骨だしぺぺ』1080円

人気No.1の『あぐー豚軟骨ソーキの豚骨だしぺぺ』は、柔らかいソーキとピリッと辛い豚骨出汁が楽しめる一品。沖縄から仕入れたアグー豚を5時間煮込んだ軟骨ソーキは、とろっとろの食感で、軟骨部分も抵抗なく噛んで食べられるほど。煮込んだ時にでる豚骨出汁には、うま味がぎゅっと詰まっていて、スープまで飲み干したくなる味わいです。

『生ハムとオリーブのガーリックピザ』1180円

生地から手作りで、パリッとした食感が自慢のピザも人気メニューの一つです。『生ハムとオリーブのガーリックピザ』は、たっぷりのチーズと生ハム、オリーブをトッピング。見た目からもわかる、薄めのピザは、一口食べるとパリッとした歯応えが楽しめます。パイ生地を意識しているというサクサクのピザ生地と、生ハムやオリーブのしっかりとした塩味で、お酒も進みそう。

・ランチタイムはお得なセットも

『あぐー豚なんこつソーキと沖縄じゅーしぃーたきこみごはんランチプレート』1380円

15:00までのランチタイムには、お得なランチ限定メニューが登場。ランチメニューにはすべて、手作りのサーターアンダギーがセットになっています。平日には近所の会社員の人たちが、つかの間の休息にランチを楽しみに来るんだそう。

タコライスやカレー、ランチ限定パスタのボロネーゼなどのラインアップの中で特に人気なのが『あぐー豚なんこつソーキと沖縄じゅーしぃーたきこみごはんランチプレート』。お肉と野菜、炊きこみごはん、デザートまで楽しめるボリューム満点のメニューです。

メインの「あぐー豚なんこつソーキ」は、ドドンッと1枚盛られていて存在感があります。和風の味付けで、ペペロンチーノのソーキとは違った味わいを楽しむことができます。「沖縄じゅーしぃーたきこみごはん」は、あっさりとした優しい味付けの炊きこみごはん。ソーキとの相性が抜群で、パクパクと食べ進められます。

小鉢には「サラダ」「ジーマミー豆腐」「もずく酢」が登場。沖縄料理の代表の一つとも言える「ジーマミー豆腐」は自家製で、タレもすべて手作りなので、品切れの場合は違うメニューになることもあるそう。沖縄料理屋以外ではなかなかお目にかかれないので、ぜひ一度ご賞味あれ。しっかりとした酸味を楽しめる「もずく酢」は、口の中をリセットしてくれるので、口休めにピッタリ。



・手作りサーターアンダギーはテイクアウトも可

『シマノミアンダギーアイス(べに芋黒みつ)』550円、『コーヒー(ホット)』380円

毎朝揚げたての手作りサーターアンダギーに、アイスをトッピングした『シマノミアンダギーアイス』は、デザートやおやつにピッタリの一品。ミックス粉を使用せず、独自配合した生地に兵庫県産の赤卵を合わせた、自家製サーターアンダギーは絶品です。外はサクッ、中はホロッとした沖縄のソウルフードは、老若男女問わず親しみやすいスイーツです。

上にのったアイスとソースの組み合わせは4種類からチョイス。中でも紅いもアイスは、沖縄の有名アイスチェーン「ブルーシール」のアイスを使用しているので、沖縄気分がさらにプラスされます♪

手作りのサーターアンダギーはテイクアウトも可能で、そのためにわざわざ来店するファンもいるんだとか。毎日売り切れ次第終了なので、気になる人はお早めに。

・沖縄料理にぴったりの泡盛は3種類

左から『請福』600円、『久米仙』550円、『ニコニコ太郎』600円

沖縄のお酒といえば真っ先に出てくるであろう泡盛も、もちろんスタンバイ。比較的飲みやすく、ビギナー向けの『久米仙』、甘い香りで女性に人気の『ニコニコ太郎』、クセが強めで泡盛上級者向けの『請福』という特徴が異なる3種類からチョイスして。琉球イタリアンと泡盛のマリアージュは、気分を盛り上げてくれること間違いなし!

泡盛は、オーナーが沖縄で仕入れてきた琉球グラスでの提供。島で手作りされた琉球ガラスなので、すべて一点物です。沖縄料理に、琉球グラスで飲む泡盛、海をイメージした店内の雰囲気のすべてがマッチしていて、沖縄好きにはたまりません。

琉球イタリアンが楽しめる、ダイニングバル「ShimaNomi」。手作りにこだわった沖縄料理やスイーツとお気に入りのドリンクで、神戸にいながら楽しめる“島呑み”気分を味わってみてはいかが。

■詳細情報

■DATA

ShimaNomi(シマノミ)

所在地
兵庫県神戸市中央区元町通2丁目8-15 2階
電話番号
078-515-6133
営業時間
11:30〜23:00(L.O.22:30)
ランチ/11:30〜15:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年4月19日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP