兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.4.28
1,279 views

【神戸灘区】「小鉢とパスタ Lit(リット)!」シェフ自慢の和洋折衷の創作料理を堪能して♪

神戸市灘区、JR六甲道駅から徒歩5分ほどの場所にある「小鉢とパスタ Lit(リット)!」。化学調味料を使わず、素材の味を最大限に生かしたメニューを提供しているお店です。メニューは3品の小鉢とパスタがメインと至ってシンプルですが、小鉢はシェフ自慢の創作料理。和食や洋食のジャンルを問わないので、一度にさまざまな味を楽しめます。一つひとつこだわった料理を召し上がれ。

・「小鉢とパスタ Lit!」

神戸市灘区、JR六甲道駅から徒歩5分ほどの場所にある「小鉢とパスタ Lit(リット)!」。交差点の角にある紺色のおしゃれな建物を目印に訪れて。その端にある民家のような玄関から階段を登った2階と3階に店があります。

姉弟で営んでいる同店。もともと弟のシェフが神戸と東京の飲食店で腕を磨いていましたが、地元でもある神戸で2022年11月にオープンしました。店名の「Lit」は、英語で“最高”という意味。「一度の食事でイタリアンだけでなく和食や洋食などさまざまな味覚を楽しんでもらい、最高!と思ってもらえるお店にしたい」との思いで名付けたそう。

2階の店内は4人掛けのテーブル席が2つ、カウンター席が4つとちょっぴりコンパクト。ランチタイムは席が埋まりやすいので、確実に席を確保したい場合は電話で予約がおすすめです。ランチタイムのオープン直後やディナータイムの17:00〜19:00は席が空いていることが多いので狙い目。子どもイスもあるので子連れで訪れやすいのもうれしいですね。ママ世代から年配の夫婦など、幅広い世代のお客さんが訪れています。

3階には冬以外のシーズンに開放されるテラス席もあります。夜はライトアップも相まってムーディでロマンチックな雰囲気に。おしゃれなソファ席もあるので、心地良い夜風に当たりながらゆっくりと過ごすのもいいですね♪開放期間は公式Instagramをチェックしてみて。➡公式Instagramはこちら


・小鉢とパスタの『ランチセット』

『ランチセット』1,800円

看板メニューの『ランチセット』は、パスタと小鉢3品にドリンクが付いたセット。月替りのパスタは常時3種類から選べます。この日は『神戸ポークと桜島大根のラグーソース』をチョイス。神戸ポークはマリネに一晩漬け込んだ豚バラや肩ロースを使用しています。ラグーソースは、鶏ガラや白菜などを2日間ほど煮込んでから、昆布出汁など数種類の素材を加えて、さらにもう1日煮込むこだわりぶり。

注文を受けてから、ラグーソースに生クリームを加え、クリームパスタに仕上げています。ほろほろと柔らかい豚肉と、桜島ダイコンのほどよい歯応えがクリームパスタに絡んで絶品。クリームソースの中に出汁のうま味が効いていて上品な味わいです。4月は桜島ダイコンの代わりにスナップエンドウになるんだとか。月替りで旬の味を楽しめるのはうれしいポイント♪

小鉢は、季節の素材を使用した3品が登場します。取材日は「はっさくのサラダ」、「ツナとほうれん草のキッシュ」、「煮卵とシイタケのからすみ和え」がラインアップ。サラダのドレッシングは、オリーブオイルとアーモンドソルトのみ。ハッサクの酸味がアクセントになる一品です。ツナとほうれん草がぎっしり詰まったキッシュはとても柔らかく、上に添えている自家製トマトソースとの相性抜群。

小鉢のメニューは、3品それぞれ違う味覚が楽しめるよう工夫しているんだとか。和食と洋食の融合した和洋折衷の創作料理が堪能できます。

セットのほかに、『パスタ単品』(1,200円)や『ミニサラダ』(300円)、『自家製デザート』(400円)が選べるので、その日の気分で召し上がれ。

・夜のお得なセットメニュー

『お酒と小鉢のセット』1,500円

ディナーのおすすめは『お酒と小鉢のセット』。ランチとは少し違い、酒に合う3品の小鉢がラインアップ。取材日は「ネギのグラタン」、「かぼちゃの天ぷら」、「生ハムサラダ」。生ハムの塩味がしっかり感じられるサラダや、ネギを蒸して甘みを引き出したグラタンが、赤ワインにぴったり!鶏ガラから煮込んだ出汁のあんかけがかかった「かぼちゃの天ぷら」は、和風の優しい味わいです。それぞれ違ったうま味を活かして作られていて、ちょい飲みにおすすめのセットメニュー。仕事帰りや息抜きにふらっと立ち寄って堪能してみては。



・グルテンフリーの『自家製デザート』

『自家製デザート(チョコレートのテリーヌ)』ランチ/400円 ディナー/500円

ランチとディナーでサイズが少し違いますが、常時提供している『自家製デザート』は3種類ほどがスタンバイ。その中でも人気No.1は『チョコレートのテリーヌ』。グルテンフリーで小麦粉は使わず、卵をふんだんに使用しています。特にチョコレートの配合にこだわり、カカオ70%と50%のチョコレートを使用。その絶妙な配合が、濃厚な味わいを作り出しています。さらに上に乗っている塩と一緒に食べると、甘じょっぱさがクセになる一品。

このほかには、『ティラミス』や『ピーナッツバターのチーズケーキ』もあります。どれも人気があるので、お気に入りのデザートを見つけてみて。

シェフが化学調味料を使わず一から手作りした料理を提供している「小鉢とパスタ Lit!」。ランチタイムに訪れるも良し、ディナータイムにさくっとお酒と小鉢をいただくも良し、シェフ自慢の創作料理を堪能しに足を運んでみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

小鉢とパスタ Lit(リット)!

所在地
兵庫県神戸市灘区日尾町2丁目1−1 2階
電話番号
078-862-5311
営業時間
ランチ/11:00〜14:30
ディナー/17:00〜21:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年3月22日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP