兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.7.9
2,478 views

【神戸】「ハーバーブレッドカフェ」パン職人×シェフ×パティシエの次世代ベーカリーカフェ♪

神戸市中央区にある大型商業施設「モザイク」の2階にある「Harbor Bread Cafe(ハーバーブレッドカフェ)」は、神戸の港に似合うおしゃれなベーカリーカフェ。ブーランジェお手製のパンとシェフが作る洋食、さらにはパティシエが手がける繊細なスイーツまでもがそろいます。神戸限定メニューも要チェック♪

・「Harbor Bread Cafe(ハーバーブレッドカフェ)」

神戸市中央区、JR神戸駅から東へ徒歩5分ほどのところにある大型商業施設「モザイク」。若者から年配の人までに愛され続けている神戸のシンボルに、「Harbor Bread Cafe(ハーバーブレッドカフェ)」があります。

場所は、「SOUTH&NORTH MOLL館」と「モザイク館」を結ぶ2階連絡通路のすぐ横。コバルトブルーの異国風な外観がひときわ目を引くので、すぐに見つけられるはず。

店内は、所々にフェイクグリーンや観葉植物が飾られたナチュラルなインテリアで統一されています。ランチタイムからディナータイムまで、時間帯を問わずお客さんでにぎわう人気店。おひとり様やカップル、子連れのママ、大人数のグループまで、いろんなお客さんが訪れます。

同店を営むのは、東京を中心に日本で数店舗展開する「MAISON ICHI(メゾン・イチ)」グループ。「シェフ×パティシエ×ブーランジェが融合した、フードスイーツが充実する次世代ベーカリーカフェ」をコンセプトに、大阪茶屋町に続く関西エリア2店舗目として神戸にオープンしました。


・名物「生プルマン」付きの自家製ランチ

『パンチェッタとトリュフとポルチーニのカルボナーラ + Side Dish』1,848円

11:00~15:00のランチタイムは、人気のパスタやステーキといったメイン料理に、名物「生プルマン」やサラダ、スープが付くお得なランチセットを提供しています。

人気No.1は、シェフ自慢の『パンチェッタとトリュフとポルチーニのカルボナーラ』。パンチェッタ(豚バラ肉)を惜しみなく入れて、たっぷりの卵と生クリームで仕上げたリッチなソースが自慢。ソースが多めなので、麺と一緒にゴクゴクと味わえるのがポイントです。麺の上には、トリュフ塩を混ぜた生クリームと卵黄がオン!麺一本一本に絡ませるように、しっかりかき混ぜて食べるのがおすすめの食べ方です。

湯気と一緒に鼻に届くトリュフの香りが、クリーミーなソースと相性抜群!五感でおいしさと香りを確かめて。

ランチセットに付く「生プルマン」は、メディアでも取り上げたことがあるほどの看板商品。生地に生クリームを惜しみなく使うことで、ミルクパンのような甘い味わいと、手で持つと形が崩れそうなほどやわらかい食感に仕上げているそう。手で割いた断面が互いに糸を引く様子からも、そのやわらかさとしっとり感が伝わります。

食べるときは、別添えの「特製ホイップバター」を付けるのが“ハーバーブレッドカフェ流”。甘い「生プルマン」に合わせて、塩気のあるシャープな味わいに仕上げているのがバターのこだわりです。「カルピスバター」と有塩バター、生クリームを混ぜ合わせたリッチなホイップバターと「生プルマン」だけでも、食べに来る価値あり!

・パティシエが創意工夫した神戸店限定スイーツに注目!

『ミルフィーユデニッシュ・オ・フリュイ』1,628円 ※神戸店限定

「ベーカリーカフェらしいスイーツを」との思いで考案した「ミルフィーユデニッシュ」は、自家製のデニッシュを使った一風変わったミルフィーユ。4層のうち、3層にもっちりとしたデニッシュを、1層だけカリカリにキャラメリゼしたパイ生地を使い、それぞれの層の間にディプロマットクリーム※や生クリーム、フルーツ、ナッツをサンドしています。

※ディプロマットクリームとは…カスタードクリームと生クリームを合わせたクリームのこと。

フルーツはそのときどきで変わり、イチゴやキウイ、ベリーなどの色鮮やかなフルーツたちがトップにも中にもあしらわれた贅沢さがポイント!食べるときは、まずそのまま何も付けずにフルーツのフレッシュさや、クリームとデニッシュの相性のよさを堪能して。途中で物足りなさを感じてきたときに、自家製ラズベリーソースやジェラートを付けて味変すれば、最後の一口まで飽きることなく完食できます。

『カフェラテ』748円

2色のコントラストが美しい『カフェラテ』は、甘いスイーツのお供にぴったり。ミルクが多めでコーヒーを飲みなれていない人も飲みやすい味わいに仕上がっています。お好みでシロップを加えて、甘さを調整しながら召し上がれ。



・テイクアウト限定の自家製パンは手土産にGOOD!

店先では、毎朝ブーランジェが焼き上げる自家製パンをテイクアウト限定で販売。常時20種類ほどのパンがショーケースの中にずらりと並びます。甘い系から惣菜系、デニッシュ、ドーナツなど、バラエティ豊富なので、ついつい目移りしてしまいそう。

外のテラスでは、購入したパンをその場で味わうことができるので、タイミングが合えば焼き立てを味わえるかも。

『ボンボローニ(チョコラータ・クレマ・CAFE)』各356円 ※神戸店限定

中でも一番人気は、イタリア発祥の揚げドーナツ『ボンボローニ』。シュガーをまとったドーナツの中に、あふれんばかりの自家製クリームを詰めた一品です。フレーバーは「チョコラータ」「クレマ」「CAFE(コーヒー)」の3種類。シャリっとしたシュガーの食感と、もっちりとした生地のコントラストがクセになりそう。

不動の人気フレーバー「クレマ」は、自家製カスタードクリームと生クリームを合わせた濃厚なディプロマットクリームが主役。「チョコラータ」は、一口でチョコの風味をしっかり堪能できる力強い味わいが魅力です。チョコ好きもうなること間違いなし!店主イチオシの「CAFE」は甘さ控えめで、エスプレッソのほろ苦さが甘いドーナツにぴったり♪

『神戸牛カレードッグ』626円 ※神戸店限定

スティックタイプのオリジナルカレーパン『神戸牛カレードッグ』も、『ボンボローニ』に並ぶ人気商品。その名の通り、中のカレーには贅沢に神戸牛を使用しているのがこだわりです。カレールゥは、辛すぎず甘すぎず、子どもも大人も喜ぶ食べやすい辛さに仕上げているのもポイント。スティックタイプなので、食べ歩きにもよさそうですね。

『神戸長田名物 ぼっかけ焼きそばパン』464円 ※神戸店限定

こてこての神戸名物を狙うなら『神戸長田名物 ぼっかけ焼きそばパン』のほかに、右に出るものはありません。すじこんや天かすが入った長田のぼっかけ焼きそばを「ハーバーブレッドカフェ」らしく仕上げるため、あえてコッペパンではなく、「メゾン・イチ」が得意なソフトハードブレッドを採用したそう。のハードブレッドの力強い風味に負けないよう、焼きそばの味付けも濃い目に仕上げているのもこだわりポイントです。

神戸店限定のパンは、神戸土産としても喜ばれること間違いなし。ぜひ自宅用や県外に住む人への手土産に買い求めてみては?

昼夜問わず、本格的な洋食と焼き立てのパン、創作性豊かなスイーツが楽しめる「ハーバーブレッドカフェ」。買い物や観光途中に、一息つきに訪れてみては。

■詳細情報

■DATA

Harbor Bread Cafe(ハーバーブレッドカフェ)

所在地
兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6-1 神戸ハーバーランドumieモザイク2階
電話番号
078-381-8689
営業時間
11:00〜22:00(L.O.20:00)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年6月23日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP