兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.7.5
2,069 views

【神戸灘区】オーガニックカフェ「Lien」オープン!腸が喜ぶランチや自家製天然酵母パンを♪

神戸市灘区、阪急六甲駅から東へ徒歩約2分。2023年4月6日に、自然療法ホリスティックサロン「Bio Natural」が営むオーガニックカフェ「Lien(リアン)」がオープン!“健康を通して女性の心と身体をサポート”をコンセプトに、有機食材や糀(こうじ)調味料を取り入れた腸が喜ぶランチやスイーツを提供しています。毎週木~土曜は、自家製天然酵母パンの販売も。健康や食生活を見直すきっかけに、気軽に来店してみて♪

・オーガニックカフェ「Lien(リアン)」

神戸市灘区、阪急六甲駅から東へ2分ほど歩いたところに、2023年4月6日にオープンした「Lien(リアン)」。“健康を通して女性の心と身体をサポート”をコンセプトに、女性の健康をサポートする自然療法ホリスティックサロン「Bio Natural(ビオナチュラル)」が、「酵素風呂や施術だけでなく、実際に食事を摂ってもらうことで身近に健康を見つめ直してほしい」との思いでオープンしたオーガニックカフェです。

「Bio Natural」のすぐ横にある白と黒を基調としたショップが「Lien」です。看板を目印に訪れて。

木や緑に囲まれ、ヒーリングミュージックが流れる店内は、都会の騒々しさを忘れさせてくれるような居心地のよい空間で、おひとり様も過ごしやすい雰囲気。2人掛けの席が2つとカウンター席が4つとコンパクトで、スタッフとお客さんの距離がほどよく近いのも魅力です。

「産後から長年、胃の不調に苦しみ続けた」という店主が、自然療法やオーガニックに目覚めたのは20年近くも前のこと。香川県の生体自然療法家・池内秀暢(いけうちひでのぶ)氏の元で自然療法を学び、数年前に自宅サロンを開設。2019年に六甲で酵素風呂サロンを開業し、2022年3月にサロンの横で娘さんと一緒に、サロンのお客さんを対象としたオーガニックカフェをプレオープン。2023年4月のグランドオープンを機に、一般のお客さんも利用できるようになりました。

店内では、店主が普段から愛用している茶葉や調味料なども販売しています。どれもオーガニックや自然農法、無添加など、原材料から製法にまでこだわり抜かれたものばかり。気になる人はぜひ手に取って、店主と会話を楽しみながら買い物をしてみては。


・すがすがしく朝をスタートするオーガニックモーニング

『ピタパンプレート』1,540円 ※提供は9:00~11:00

9:00~11:00のモーニングタイムは、2種の自家製天然酵母パンがメインのオーガニックモーニングが楽しめます。有機野菜のサラダやスープ、さらにはデザートまで付いているので、朝から身も心も満たしてくれること間違いなし!

スープとデザートは日替わりで、取材日は鶏ガラをベースにした野菜スープと「黒文字プリン」が登場。クロモジの茶葉を豆乳で煮出して作った「黒文字プリン」はつるんとのど越しよく、黒文字の爽やかな香りとオーガニックメープルシロップのコクのある甘さのハーモニーがたまりません。

パンは、有機全粒粉入りのピタパンを使った「卵サンド」と、小麦粉と全粒粉、ライ麦、石臼挽(び)き粉の4種類の粉をブレンドしたカンパーニュを使った「ホウレンソウと自家製ツナのオープンサンド」の2種類が一皿で楽しめます。

小麦粉は北海道産小麦粉「キタノカオリ」、パン酵母は有機レーズンから起こした自家製天然酵母を使うなど、どこまでもこだわりが尽きません。卵サラダに使うゆで卵もマヨネーズも平飼い卵というから驚き。自然塩で味を調えたシンプルな味わいが、滋味深いピタパンの風味を引き立てます。

オープンサンドは、トッピングのツナがおいしさの秘密。ハーブの香りがふわっと香り、香りも味わいもひと味違います。体に優しいセルロース不使用のとろけるチーズと共に、贅沢に味わって。

・水曜と木曜は「和食ランチの日」

『和食ランチ』1,650円 ※提供は水・金曜の11:00~14:00

11:00~14:00のランチタイムは、有機野菜や糀(こうじ)をふんだんに使った腸活ランチを提供しています。水曜と金曜は、毎日提供している『サラダボウルランチ』(1,540円)のほかに『和食ランチ』もあって楽しみが2倍♪自家製みそと合わせ出汁で作る具だくさんのみそ汁や有機黒米、日替わりデザートが付いてボリュームも栄養も満点です。

メインと副菜の内容は日によって変わり、取材日はメインの「豆腐ステーキ」や「切り干し大根のゴマ和え」「カブの玄米糀漬け」「ひじきの煮物」「大根の田楽みそ」が一皿に。自家製のみそや玄米糀など、糀のまろやかな風味を生かした優しい味付けが多く、一口食べると体が内側から喜ぶのを感じるはず。

野菜は、岐阜県に住む店主のお姉さんが営む畑で土作りからこだわって育てられた無農薬・無肥料野菜を中心に使用。シャキシャキと音が鳴るほど新鮮な野菜は、有機オリーブオイルと純米酢のシンプルな味付けでいただきます。

取材日のデザートは、長崎県五島列島の有機ムラサキイモを使った自家製アイスクリーム。色鮮やかな紫色のアイスクリームは驚くほど濃厚で、ムラサキイモの焼き芋をそのまま味わっているかのようなねっとりとした口当たりが魅力です。食後のお口直しにもぴったりです。

ピタパンとランチはテイクアウトも可能なので、自宅や外でオーガニックの食事を楽しみたい人は利用してみて。テイクアウト限定のランチボックスは『ピタパン(ピタパン・タルティーヌ・サラダ)』(1,250円)と『和食(メイン・黒米・小鉢・サラダ)(水・金曜限定)』(1,500円)の2種類があるので、その日の気分で選んでみては。



・体が喜ぶ「Lien」のカフェ&スイーツ

『オーガニックベイクドチーズケーキ』(イートイン)825円、(テイクアウト)810円

同店を訪れたらぜひ食べてほしいのが『オーガニックベイクドチーズケーキ』。製菓学校を卒業したパティシエの娘さんが作ったベイクドチーズケーキは、今までに味わったことのないようなすっと消えるような口溶けが自慢です。その特徴的な食感の秘密は、ベーキングパウダーや重曹といった膨張剤を使用せず、卵の力のみで膨らませること。平飼い卵とパスチャライズ牛乳から手作りした自家製クリームチーズ、生クリーム、きび糖など、いたってシンプルな材料で作るからこそ素材のおいしさが引き立ち、エアリー感も楽しめます。

『無農薬菊芋ラテ』(イートイン)770円、(テイクアウト)756円

店主のお姉さんの畑で採れた無農薬のキクイモを使ったラテも人気。収穫したばかりの新鮮なキクイモを粉末状に加工し、きび糖とパスチャライズ牛乳で甘く仕上げた一杯は、クセが少なくゴボウ茶とほうじ茶を足したような香ばしい味わいが魅力。ホットとアイスがあり、特にホットはまったりとした口当たりも相まって、コクと甘みがより感じられます。

『自家製天然酵母マフィン』各385円~

自家製レーズン酵母を使ったマフィンは、カフェのお供にも手土産にも人気なのでぜひチェックして♪フレーバーは「ほうじ茶ホワイトチョコレート」「クルミレーズン」などがあり、生地にもトッピングにも有機食材を惜しみなく使っているのがポイントです。「キタノカオリ」に有機全粒粉をブレンドすることで、風味豊かな味わいに。パンでもスイーツでもない“酵母マフィン”ならではの食感と味わい深い生地を、甘いトッピングと共に楽しんでみて。

「食事や暮らし方、心など、身の回りのすべてのもののバランスが整えられてこそ健康になります。そのバランスを保つためのお手伝いができれば」と語る店主。生体自然療法士やアロマインストラクターなど、さまざまな資格を持つ自然療法のプロが手がけるカフェで、心と体をじっくりと見つめ直してみては?

■詳細情報

■DATA

Lien(リアン)

所在地
兵庫県神戸市灘区宮山町2-7-23
電話番号
078-585-7609
営業時間
モーニング/9:00~11:00
ランチ/11:00~14:00
カフェ/9:00~16:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年6月20日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP