兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.6.15
819 views

【神戸須磨】「aono(アオノ)」焼き菓子とコーヒーのマリアージュを楽しんで

神戸市須磨区、須磨寺町にある「aono(アオノ)」は体に優しい素材で作られた焼き菓子と、それに合うようにハンドドリップで淹(い)れられたコーヒーが楽しめるカフェ。特に焦がしバターを使ったフィナンシェが人気です。友達の家に来たような、ほっと癒やされる空間で焼き菓子とコーヒーを楽しんでみてはいかが。

・焼き菓子とコーヒーのお店「aono(アオノ)」

神戸市須磨区、山陽須磨寺駅から徒歩2分ほどのところにある「aono(アオノ)」。住宅地の中にあり、まさに隠れ家のような一軒家のカフェです。OPENの看板を目印に訪れて。

店名の「aono」はハワイ語の「ao=夜明け」と「ono=おいしい」を組み合わせた造語。“夜明けにおいしいコーヒーを”というメッセージが込められています。また、須磨の青い海と空を連想させ、オーナー夫妻の好きな色でもある「ao=青」とも欠けているんだとか。夜明けの海を彷彿とさせるロゴもすてきですね。

靴を脱いで店内に入ると、ナチュラルでリラックス感のあるカフェスペースが広がります。一人で来てもグループで来てもゆったりと過ごせる空間で、「老若男女が入りやすい雰囲気にしたい」というオーナーの思いが伝わってきます。


・看板メニューの『フィナンシェ』は必食!

『焦がしバターのフィナンシェ』230円

さっくりとした食感に豊かなアーモンドの香りとバターの深いコクがたまらない、看板メニューの『フィナンシェ』。オーナーは「夫の淹れるおいしいコーヒーに合うお菓子を作りたい」と思ったのがお菓子作りを始めたきっかけなのだそう。同店ではオーナー夫妻のそれぞれのこだわりが詰まった焼き菓子とコーヒーが楽しめます。

焼き菓子とドリンクメニューはいずれもテイクアウトが可能。入口のショーケースには『フィナンシェ』をはじめ、マドレーヌやパウンドケーキが並びます。ちょっとした手土産やおうち時間のお供にぴったりです。

・季節のフルーツや素材を使ったスイーツを楽しんで

『柑橘とヨーグルトクリームのタルト』630円 ※季節限定、aonoブレンド珈琲』450円

サクサクの生地が人気のタルトは季節ごとに旬のフルーツを使用。3月中旬〜6月末ごろに登場する『柑橘とヨーグルトクリームのタルト』はみずみずしい柑橘に優しい甘さのクリームが軽やかで、ペロリと食べられます。初夏には「ブルーベリー」、9月からは「イチジク」、10月中旬からは「渋皮栗 」が登場。どれも今から楽しみですね。

また、ブレンドコーヒーは中煎(い)りで飲みやすく華やかな味わい。同店の焼き菓子に合うようにブレンドされているため、相乗効果でそれぞれの味わいが引き立ち、まさにベストマリアージュ。「焼き菓子に合うコーヒー、コーヒーに合う焼き菓子」という同店のコンセプトを実感できます。同じ豆を使ったドリップバック(150円)も販売しているので、焼き菓子のテイクアウト時にはぜひコーヒーも一緒にご賞味あれ。

『抹茶とホワイトチョコのパウンドケーキ』340円 ※季節限定

季節によってフレーバーが変わるパウンドケーキもスタンバイ。秋〜春に登場する『抹茶とホワイトチョコのパウンドケーキ』はしっとりときめ細かい生地で、抹茶の豊かな風味とホワイトチョコの優しい味わいが楽しめます。夏〜秋は「バナナ」、秋〜冬には「チョコレート」や「ラムレーズン」などのパウンドケーキを販売予定とのことで、訪れる度に季節の移ろいが楽しめそうですね。



・『アイスレモンコーヒー』でちょっと一休み

『アイスレモンコーヒー』550円 ※夏季限定

暑い日には、ちょっぴり珍しい『アイスレモンコーヒー』で涼みませんか?レモンを甜菜糖(てんさいとう)に漬け込んで作る自家製シロップを入れたコーヒーは、レモンティーのようにすっきりと爽やかな味わい。コーヒーが苦手な人でも飲みやすいと好評です。

しっかりとしたコクもあり、コーヒーらしい深みも堪能できます。レモンは淡路島にある「平岡農園」の「アレンユーレカ」という品種を使用。香り高く、ワックスや防腐剤、除草剤等を使用していないのもポイントです。

窓からそよぐ風や、そばを通る山陽電車の音が心地よく、ゆったりとした時間が流れる「aono」。オリジナルブレンドのコーヒーだけではなく、最近はスペシャルティコーヒーや、自家焙煎コーヒーもラインアップ。その日の気分に合わせて焼き菓子とコーヒーのマリアージュを楽しんで。

■詳細情報

■DATA

aono(アオノ)

所在地
兵庫県神戸市須磨区須磨寺町1丁目4-6
電話番号
070-8425-5576
営業時間
金・土曜日/11:00〜17:00
※営業日は公式Instagramで確認を

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年5月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP