兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.2.17
2,017 views

【神戸兵庫区】北欧ヴィンテージ家具「北の椅子と」併設のカフェで体に優しい食事も楽しんで♪

神戸市兵庫区、和田岬にある「北の椅子と」。北欧ヴィンテージ家具がずらりと並ぶ、倉庫のような家具屋にカフェが併設されたお店です。デンマークに足を運んで仕入れる、選りすぐりのヴィンテージ家具と、体に優しいランチやスイーツを楽しんで。

・「北の椅子と」

神戸市兵庫区、地下鉄海岸線和田岬駅から歩いて10分ほどにある「北の椅子と」。兵庫運河沿いにある赤い倉庫の中に、たくさんの家具がずらりと並んでいます。日本全国からお客さんが訪れる、北欧ヴィンテージ家具とカフェのお店です。

椅子にこだわっているという店主は「誰の家にでもある椅子。北欧のものを一脚使ってみることで椅子の良さを感じてほしい。」という思いから、「北の椅子と」という店名をつけたそう。

2階への階段をあがっていくと、壁にカラフルなアルファベットで店名が飾られています。雑貨や小物が販売されていて、カフェも併設されています。

カフェは、北欧ヴィンテージ家具に囲まれた空間で、体に優しい料理やスイーツを味わうことができます。インテリアのヒントを得たり、家具選びのクールダウンに利用したり、地域の人が集える場にしたり。それぞれの使い方で、「ゆっくりくつろげる場所にしてほしい」との思いでカフェを併設したのだとか。

店内はカウンターや複数人で机を囲める席まで、さまざまな座席が準備されているので、その日の気分で好きな席を見つけてみて。個性豊かな椅子や机が並んでいるので、家具選びのヒントにもピッタリ。倉庫で気になった椅子を持ってきて、座って試すことも可能なんだとか。

つみ木やお絵かき、おままごとができるキッズスペースも。店主が子どもを連れてデンマークに行った時に、どんな食事の場でも子どもが過ごせるようになっているのが当たり前、という環境を目の当たりにしたそう。子どもと一緒にのんびり食事ができます。

窓際には絵本や本も並んでいるので、お気に入りの椅子に座って本を片手にゆっくりと過ごしてみるのもいいですね。

座敷子ども椅子おむつ替えシート
個室離乳食持ち込み禁煙
ベビーカー入店キッズメニュー喫煙
子ども用食器授乳スペースミルクのお湯提供

・体に優しいランチとスイーツ

『プレートランチ レギュラーサイズ(ドリンク付き)』1,600円

「食べてもらう人に、体に気持ちいいことを」という思いで、できる限り無農薬・化学肥料不使用の野菜を使用したり、加えるものは極力少なくして、工夫が施されています。

契約農家から仕入れる野菜に合わせて内容が考えられる、日替わりランチメニューは『カレー』『ホットサンド』『プレートランチ』の3種類がスタンバイ。取材日のメイン「豚肩ロースと大根のポトフ」は、口の中でホロホロと崩れるような豚肉と、ゴロゴロ入った野菜でボリュームたっぷり。野菜の味がしっかりと感じられる、優しい味わいです。

プレートランチにはサラダとデリ、和田岬に店を構える「メゾンムラタ」のバゲットが添えられています。取材日のデリは、ニンジンと紫キャベツのラペとキッシュが登場。ラペはレーズンやくるみが入っていて、味や食感のアクセントになっています。素材本来の味が引き立つ素朴な味付けと、たっぷりの野菜で罪悪感なく食べられるランチをぜひご賞味あれ。

『ホットドックプレート』550円

お子様メニューは『パンプレート』『ホットドックプレート』『お野菜カレープレート』がスタンバイ。すべて、果物とドリンクがセットになっています。無塩せきポークウインナーを使用したホットドックは、甘みも感じられつつシンプルな味わいで、子どももよろこぶ一品です。

『クリスピーワッフル』単品1,000円

カリッとした食感がクセになる『クリスピーワッフル』も人気です。外はカリッ、中はフワッとしたワッフルは、なんと17cmとボリューム満点!バニラビーンズがたっぷり入った濃厚なバニラアイスと、オーガニックメープルシロップの相性が抜群で、ぺろりと平らげてしまいます。ドリンクとキッズドリンクがセットになった『親子ワッフルセット』もあるので、親子でシェアして食べてみて。

・販売、リペア、買い取りも可能なヴィンテージ家具たち

倉庫内にずらりと並ぶのは、1950年〜70年代を中心とした北欧ヴィンテージ家具です。家具の仕入れは店主夫婦が自らデンマークに足を運び、実際に手にとって選んでいるそう。有名品などの高価なものから、アノニマス(無名)の比較的手に取りやすいものまで、幅広く取り扱っています。

店内には、メンテナンス前の物とリペア済の物が混在しています。「持ち帰る時には一番良い状態でもって帰ってほしい」という思いがあるので、お客さんが購入してからメンテナンスを行います。すぐに持ち帰りたいというお客さんのニーズにも合わせて、リペア済の物も準備しているんだとか。リペア済の商品を購入した人には、メンテナンスの内容も説明があるので安心して購入することができます。

北欧の家具は長く使うことを見越して、メンテナンスできる材質や作り方になっているそう。購入した後も、メンテナンスをし続けて長く使うために気軽に声をかけてほしいという店主。また、家具を手放さないといけない、という場合には買い取りも可能なので相談を。こうして家具が循環することで縁を作ることができるのも、ヴィンテージ家具の魅力です。



・北欧の文化と背景が詰まったオススメ家具

1950年代の家具は、あまり広くない作りのデンマークの家に合わせて、いかにくつろぐかが考えられた、機能性が高く小さめの家具が多いそう。家具一つひとつには、このような北欧の文化や気候、暮らしや考え方などの背景が詰まっています。そのストーリーも含めて家具を見てみると、新たな発見があり、家具への愛着が湧いてくること間違いなし。気になる家具を見つけたら、気軽にスタッフに話を聞いてみて。

『ローズウッドソーイングテーブル』は北欧の背景がたっぷり詰まったアイテムの一つです。もの作りが盛んな北欧は、日が短く夜が長い気候なので、作業場所を移動しやすいようにキャスターがついているものが多いんだそう。裁縫道具などをたくさん入れられる大きな引き出しは、仕切りが付いていて整理しやすくなっています。下にはカゴがついているので、使い勝手が良いアイテムです。

北欧ヴィンテージ家具とカフェ「北の椅子と」。北欧の文化を感じられるヴィンテージ家具に触れ、カフェで体に優しい料理とスイーツを家族で楽しんではいかが。

■詳細情報

■DATA

北の椅子と 神戸和田岬店

所在地
兵庫県神戸市兵庫区材木町1-3
電話番号
078-203-4251
営業時間
11:00〜17:00(カフェL.O.16:00)
日祝/11:00〜18:00(カフェL.O.16:00)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年12月20日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP