兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.12.19
1,255 views

【神戸】「CAFE+ATELIER DAYS」レトロなメニューやギャラリーを楽しんで

神戸市中央区、「王子動物園」や「横尾忠則現代美術館」がある阪急春日野道駅から徒歩10分の「CAFE+ATELIER DAYS(カフェプラスアトリエデイズ)」。アーティストであるオーナーのギャラリーが併設されたカフェです。アートな街でレトロでおいしい食事を楽しみませんか?

・「CAFE+ATELIER DAYS(カフェプラスアトリエデイズ)

神戸市中央区、阪急春日野道駅から徒歩10分。ギャラリーを併設したカフェ「CAFE+ATELIER DAYS(カフェプラスアトリエデイズ)」があります。アーティストであるオーナーが「日常のひとときに、ほっと一息つける所になって欲しい」との思いで、生まれ育ったこの街に2022年8月1日にオープンしました。


店の前には、かわいらしい手書きのメニューボードが。同店の周辺には「王子動物園」や「横尾忠則現代美術館」があり、少し足を延ばして休憩するのにもぴったりです。

以前は北野でギャラリーを運営していたオーナー。移転作業をしていた時に「日常の中で絵と接してもらえる場所にしたい」と思い、カフェを併設したそう。1階がカフェスペース、2階がギャラリーになっています。食事をしながらオーナーとの会話も楽しんで。


・レトロなオムライスとかわいいクリームソーダ

『オムライス』600円(ランチタイムは500円)、『クリームソーダ』450円

人気No.1は『オムライス』と『クリームソーダ』の組み合わせ。『オムライス』はささみとタマネギをケチャップで炒めたシンプルな一品。シンプルながらケチャップライスが濃厚で、懐かしく温かい味わいです。お客さんのほとんどがオーダーする『クリームソーダ』は、バニラアイスがトッピングされていて、食後のドデザート代わりにぴったりです。

『鉄板ナポリタン』600円(ランチタイムは500円)

アツアツの鉄板の上で調理した『鉄板ナポリタン』にも注目を。卵は鉄板の余熱で少しずつ固まるので、好きな焼け具合でナポリタンを絡めながら食べるのがおすすめです。ガーリックの香りが食欲をそそる一品で、パスタと卵の相性抜群!

・焼きたてワッフルと栗の和紅茶

『ワッフル』500円、『栗の和紅茶(hot)』450円 ※フードとセットで50円引き

ケーキ生地タイプの『ワッフル』はオーダーしてから一枚ずつ焼くので、ふんわり口どけのよい食感。プレーンワッフルなので、メープルシロップや生クリームで甘さをプラスして召し上がれ。
『栗の和紅茶』は鹿児島産の茶葉を使用した、ちょっぴり珍しいスイーツティー。定番のダージリンやアールグレイと比べると優しい味わいです。香ばしい栗の香りがプレーンワッフルとの相性もぴったり。1杯目はストレート、2杯目はミルクをそそいで飲んでみて。



・2階のギャラリーでは作品の購入も可能

2階はアトリエとギャラリーになっています。店名にもなっている「DAYS」はこの作品のタイトルから名付けられたそう。2018年8月から制作を始め、1,000枚で完成する計画だそう。気に入った作品は購入することができます。

手乗りサイズのかわいらしい粘土作品も。足元に鉛筆を置いたり、耳にメモを挟んだり使い方はさまざま。お気に入りの作品を見つけてみては?作品の最新情報は公式Instagramでチェックして。➡︎公式Instagramはこちら

どこか懐かしく、温かな雰囲気が魅力の「CAFE+ATELIER DAYS」。たまには慌ただしい日常生活から離れ、癒やしの空間でアートや食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■詳細情報

■DATA

CAFE+ATELIER DAYS(カフェプラスアトリエデイズ)

所在地
兵庫県神戸市中央区上筒井通り6丁目2-2
営業時間
10:00~16:00
ランチ/11:30~13:30

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年11月26日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP