兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.11.18
1,843 views

【神戸須磨】日々を彩るコーヒーと器「HALLO(ハロー) 珈琲 器 暮らしの道具」

神戸市須磨区、山陽電鉄 板宿駅から徒歩4分の場所にある「HALLO(ハロー) 珈琲 器 暮らしの道具」。テイクアウトで楽しむこだわりのコーヒー、そしてオーナーが自ら現地に足を運んで出合った作家の器を販売しています。コーヒーを選ぶようにカップも選んで、お家でとっておきの一杯を楽しんでみて♪

・「HALLO(ハロー) 珈琲 器 暮らしの道具」

神戸市須磨区、山陽電鉄 板宿駅から徒歩4分。板宿センター街商店街を抜けた角にある「HALLO(ハロー) 珈琲 器 暮らしの道具」。テイクアウトのこだわりコーヒーと、コーヒー豆やオーナー厳選の器を販売しているお店です。

上質なコーヒーの香りが漂う店内に並ぶ数々の器たち。コーヒーに魅せられたオーナーが、“家での時間も充実させてほしい” “コーヒーを選ぶのと同じようにカップ選びも楽しんでほしい”との思いから、2022年6月にリニューアルオープン。テイクアウトコーヒーに加え、自家焙煎のコーヒー豆や作家による器の販売を始めました。

おいしいコーヒーとの出合いをきっかけに、コーヒーの世界へと足を踏み入れたオーナー。海外の農園を周ったり、国内外の焙煎所などで働きながら、コーヒーの知識を深めたそう。自らの出身地でもある板宿を散策していた際に、ふと目に止まったこの店舗でコーヒー店をスタートさせました。店名の「HALLO(ハロー)」は、どこの国の人も使う挨拶から名付けたそう。“まず最初に挨拶して、気軽にコーヒーでも飲もうよ”というオーナーのメッセージが込められています。

提供されるコーヒーは、スペシャルティコーヒーのみ。徹底した品質管理による高品質な豆で、豆の生産から輸送にいたるまでの、すべての工程が明確にされた透明性の高いコーヒーです。その中から、季節に応じた旬のコーヒーを常時5種類ほど生豆の状態で仕入れています。

豆に熱を加えた際に起こる複雑な化学反応を計算しながらの自家焙煎。焙煎後は3日ほど寝かせ、豆から出た二酸化炭素を抜くことで、コーヒーの良い味が出る絶妙なバランスの豆に仕上げています。


・好みの味をヒアリング!ハンドドリップコーヒー

『ハンドドリップコーヒー』500円

オーナーがハンドドリップで丁寧に淹(い)れるコーヒー。好みのテイストを伝えたり、その日の気分に合わせたり、飲みたい風味をオーダーできます。オーナーがその日のラインアップの中からオススメの豆を選んで、とっておきの一杯を淹れてくれます。

コーヒー初心者でも、好きなドリンクや苦手なドリンクを伝えれば、好みに合ったコーヒーをセレクトしてくれるので、気軽に相談してみて。自分の好きなコーヒーにここでなら出合えそう!提供しているコーヒー豆は購入できるので、好みのコーヒーをお家でも楽しんでみて♪

普段は紙コップでの提供ですが、店頭の軒下エリアに用意されているイートスペースを利用する際は、作家のカップに淹れてくれるそう。オーダー時にその旨を伝えて、コーヒーと器を共に楽しむのもオススメです。

『ミルクのコーヒー(カフェラテ or カプチーノ)』500円

ミルクは3種類用意されています。定番の牛乳はもちろんのこと、ソイミルクやアーモンドミルクなど、要望に合わせて淹れてもらえます。マイルドな口当たりが広がる一杯を味わって。

・コーヒーと共に楽しむ器を探そう

兵庫/市野勝磯 作『丹波焼 カップ&ソーサー』

お気に入りのコーヒーと出合ったら、次はカップ選びも楽しみたい! 料理に器を合わせるのと同じように、コーヒーにもカップを合わせて選ぶ楽しさを提案してくれます。カップの形状や色、質感などを五感で感じることで、コーヒーの味わいにも深みがプラス。コーヒー豆と同じように、丁寧な手仕事により生み出される器たち。手に触れ、口にすることで芽生える、いろいろな感性を育んで欲しいと語るオーナーおすすめの器が店内に並びます。

大分/小鹿田(おんた)焼『小鉢』

取り扱っている作家の器は、オーナーが自ら全国各地へと足を運んで探してきたものばかり。現地での出合いを大切にしたいとの思いから、事前にリサーチはせずに、現地の人に聞いたり窯元を訪ねたりしながら出合った器なのだそう。

沖縄/金城和樹 作『カップ』

気になった器があれば、ぜひオーナーに話を聞いてみて。器のこと、作家のことなどいろいろ教えてもらえます。その器の背景を知ることで、より愛着が湧き、使うたびにうれしくなれるはず。

岐阜/鏡原愛莉 作『ぐい呑』『プレート』

こちらは岐阜県の作家、鏡原愛莉さんによる作品。精製されていない原土を使って作陶されていて、自然の質感を味わえる器です。上から塗られた鉄がアクセントになっていて、ぽってりとしたフォルムが目を引きます。ぜひ手に取ってその素材感を味わって。

三重/苫米地正樹 作『フリーカップ』

三重県の作家、苫米地正樹さんによるカップは、貫入に施された墨流しが特徴。一つひとつ表情が異なり、器それぞれの個性を感じられます。カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイント。自分だけのお気に入りと出合えそうです。



・コーヒーに合うチョコレートも販売

他にも、コーヒーによく合うビターチョコレートやコーヒーを淹れるための器具、7種類のスパイスがブレンドされたチャイなども販売しています。お家での時間をより良く充実させられるアイテムが勢ぞろい。

コーヒーや器について、愛情深く丁寧に教えてくれるオーナーが営む「HALLO 珈琲 器 暮らしの道具」。上質なコーヒーや器との縁をつないでくれるはず。コーヒーに器をプラスすることで生まれる、ちょっとした暮らしと心の豊かさを見つけに、訪れてみませんか。

■詳細情報

■DATA

HALLO(ハロー) 珈琲 器 暮らしの道具

所在地
兵庫県神戸市須磨区飛松町1丁目4-9 吉川ビル 1F
営業時間
11:00〜18:30

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年10月14日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP