兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.5.7
1,102 views

【神戸三宮】「ラ マロニエ ペク」老舗ラウンジのママが焼き上げる自家製天然酵母パンが自慢

神戸市中央区、三宮エリアにある「la Marronnier pek(ラ マロニエ ペク)」。老舗ラウンジ「マロニエ」のママが焼き上げるパンは、自家製天然酵母を使用し、手間暇かけて作られています。おいしさはもちろん、見た目のかわいらしさや、体への優しさにもこだわったパンや焼き菓子はどれも絶品。ラウンジのエレガントな空間でちょっと珍しいカフェタイムを過ごしてみては。

・「la Marronnier pek(ラ マロニエ ペク)」

神戸市中央区、各線三宮駅から徒歩5分ほどにある「la Marronnier pek(ラ マロニエ ペク)」。「the b神戸」の中にあるラウンジ「マロニエ」で営業する、自家製天然酵母のパン屋さんです。

ラウンジ「マロニエ」のママが手作りパンと焼き菓子の店として、ラウンジの店舗と厨房を利用して2022年4月にオープンした同店。店の入口はラウンジの看板が掲げられていますが、間違いなく中はベーカリーカフェなので安心して入ってみて。

店内は老舗ラウンジのエレガントな雰囲気が広がっています。一般的なカフェやパン屋さんとは全く異なる空間で、優雅なカフェタイムを過ごすのもオススメ。かつてラウンジの常連客として来店していた、馴染みのお客さんがお酒の代わりにお茶を楽しみに来ることも多いんだとか。気さくなママが老若男女関係なく、明るく出迎えてくれます。


・自家製天然酵母パンが自慢

店に入るとずらりとパンが並ぶショーケースが。パンはオープンの14:00から順次焼き上がります。ラインアップは季節に合わせて毎週のように変わっていくので、目当てのパンがある場合はInstagramのDMや電話からの予約を利用してみて。➡︎公式Instagramはこちら

「体に優しいパンやお菓子を、おいしく食べてほしい」という思いから、手作りの自家製天然酵母パンを作り始めたというママ。素材や製法にこだわったパンを求めて、遠方から訪れる人や取り寄せて購入する人も多いんだとか。また、仕事の合間に買いに来る人がいたり、近隣に住む人たちの日常のパンとして親しまれたり、幅広く愛されています。

『スペルト粉100%の全粒粉イギリス食パン』600円

「小麦アレルギーの孫のためにスペルト粉を使ってパンを焼いてほしい」と頼まれたことがきっかけで生まれた『スペルト粉100%の全粒粉イギリス食パン』。スペルト小麦は、一般的な小麦粉と比較してグルテン含有量が少なく、栄養価が高いことから、グルテンフリーを好む人や高齢の人からの人気が高いんだとか。小麦の香りが感じられる味わいと、しっかりとした食感が楽しめる食パンに仕上がっています。

『バゲットカスクルート』560円

バゲットに2種のチーズとハム、レタスを挟んだ『バゲットカスクルート』も、こだわりの詰まった一品。オランダ産マリボーチーズとデンマーク産のエダムーチーズの2種類のハードチーズは、分厚くスライスして贅沢に2ピースずつサンド。国産肉を使用した、肉屋さん手作りのショルダーハムもたっぷりと挟み込まれているので、ボリューム満点!しっかりとしたチーズの味わいに、やわらかくて肉のうま味が感じられるハムの組み合わせは絶品です。ピリッと辛いマスタードがアクセントになっていて、飽きずに食べ進められます。

・季節に合わせた限定パンが豊富

左『ピスタチオメロンパン』250円、右『桜メロンパン』260円

同店では、季節に合わせて毎週のように新商品が登場します。気になる商品があったら、次にいつ出合えるかわからないので迷わず手にとって。春にはサクラやヨモギ、イチゴを使った商品がラインアップ。

『ピスタチオメロンパン』は、ピスタチオがたっぷりと練り込まれたクッキー生地が特徴。ふわふわのパン生地と、ザクザクのクッキー生地の食感の違いを楽しみながら、ピスタチオの香りを感じられます。『桜メロンパン』は、サクラリキュールを使用して香り付けした、ピンクのクッキー生地と、てっぺんにトッピングされた国産のサクラの塩漬けが、見た目にもかわいらしい一品。春にぴったりのサクラを大満喫できるメロンパンです。

『よもぎのカンパーニュ』350円

ヨモギの風味を存分に味わうことができる『よもぎのカンパーニュ』。和菓子のイメージが強いヨモギですが、パン生地との相性も抜群です!モチモチッとした生地を噛むごとに、春らしいヨモギの香りを楽しむことができるので、ヨモギ好きの人はぜひ食べてみて。

『いちごのデニッシュ』350円

兵庫県稲美町産の甘酸っぱくてフレッシュなイチゴをふんだんに使用した『いちごのデニッシュ』も人気。小麦の配合を試行錯誤して作り出したデニッシュ生地は、サクッとしつつも、しっとりとしています。中には、自家製で卵黄多めのカスタードクリームと、チョコとフランボワーズを混ぜた生クリーム、2種類のクリームがぎっしり。甘めのカスタードとフランボワーズの酸味がある生クリームとの相性抜群!デザートにもピッタリの一品です。



・かわいらしい焼き菓子やこだわりの紅茶も

店内には、焼き菓子や季節のフルーツを使った手作りのジャムもずらりと並んでいます。かわいらしく包装されているので、テイクアウトで手土産にするもよし、イートインでティータイムのお供にするもよし。いろいろな楽しみ方をしてみて。

『アールグレイ・クグロフ』350円

『アールグレイ・クグロフ』は、春らしくピンクのチョコレートでコーティングされた、インスタ映えしそうな一品。アールグレイの生地は、一口食べると紅茶の香りがふわっと広がります。練り込まれたドライクランベリーとパインの酸味、歯応えも楽しめるので、一つでいろいろなおいしさを味わうことができる焼き菓子です。

『生クリームスコーン(クーベルチュールチョコ&アーモンド)』240円

バターや牛乳を使用せず、生クリームで仕上げた『生クリームスコーン』は、しっとりとソフトな食感のスコーン。小麦の風味をしっかり感じられるように、生クリームだけを使用しているんだそう。クーベルチュールチョコの上品な甘さと、アーモンドチップの食感、コクがありつつもシンプルな味わいの生地のバランスが絶妙。贅沢なティータイムにピッタリです。

パンや焼き菓子はオンラインでの購入も可能なので、お家でも楽しむことができます。日常のブレイクタイムに、こだわりのスイーツを取り入れてみるのもいいですね♪➡︎公式オンラインショップはこちら

『ゴールド(ポット)』770円

イートインで提供する紅茶にもこだわりがあります。イギリスの紅茶ブランド「リントンズ」の茶葉を使用し、同じくイギリスの「ウェッジウッド」のカップで提供する紅茶は、優雅なティータイムを演出してくれます。『ゴールド』と『アールグレイ』(各770円)は、ポットでの提供なので、たっぷり楽しめるのもうれしいですね。自家製のドライアップルを紅茶に入れた『アップルティー』(880円)も人気です。

老舗ラウンジで営業する珍しいベーカリーカフェ「la Marronnier pek」。エレガントで高級感ある空間の中で、ママ手作りのパンや焼き菓子と、こだわりの紅茶を満喫してみては。

■詳細情報

■DATA

la Marronnier pek(ラ マロニエ ペク)

所在地
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目11-5 ザ・ビー神戸B1階
電話番号
078-332-1160
営業時間
14:00〜20:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年3月23日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP