兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2024.1.31
501 views

【神戸垂水】四川料理店「天府之國(テンフノクニ)」厳選素材で作る本格麻婆豆腐が自慢!

神戸市垂水区の舞子多聞線沿いにある「天府之國(テンフノクニ)」。中国の四川省出身の店主が作る、本格四川料理が絶品のお店です。良質な香辛料を取り寄せ、素材にもとことんこだわり抜いています。特に四川麻婆豆腐は自慢の一品!辛さを5段階から選ぶことができ、一度食べたらやみつきになること間違いなしですよ。

・「天府之國(テンフノクニ)」

神戸市垂水区、JR舞子駅からバスで約15分ほど。山陽バス、神戸市バスともに「西岡橋」を降りてすぐのところに四川麻婆豆腐専門店「天府之國(テンフノクニ)」があります。

中国調理師の中でも最高階級の「特別調理師」の免許を持つ店主。“料理の達人”と言われている故・陳健一が経営する四川料理店で料理長として従事していたそう。「本当においしく、正統な四川料理を多くの人に知ってもらいたい」との思いで、四川麻婆豆腐専門店をオープンしました。

店内はカウンターが12席スタンバイしています。目の前が調理場になっているので、熟練した技術を持つ店主が鉄フライパンをカンカンと鳴らしながら、腕を振るう姿を伺うことができますよ♪


・辛さが選べる!絶品麻婆豆腐

『四川麻婆豆腐セット』1,150円

ランチタイムは看板メニューの『四川麻婆豆腐セット』のみ提供しています。辛さは5段階から選べ、辛いのがまったく苦手な人向けの「辛さなし」、少し苦手な人には「小辛」、レギュラーな辛さの「普通」、山椒が苦手だけど辛さが好きな人には「大辛」、辛さが大好きで山椒も楽しみたい人向けの「四川大辛」から選べます。

セットには麻婆豆腐のほか、ご飯、ザーサイ、スープが付いていて、なんとご飯はおかわり自由!ご飯は京都府丹後産のコシヒカリを使用し、お米の甘みともちもち感が特徴です。

『四川麻婆豆腐(四川大辛)』(単品)800円

料理に使う素材や香辛料にもこだわりがあります。四川省の代表的な「豆瓣醬(とうばんじゃん)」は、最高級のピーシェン地方のものを使用。「四川山椒」は本場四川省から直輸入しています。日本の山椒にはない、舌が痺れるような感覚が特徴です。

豆腐は麻婆豆腐に合う、神戸市産の豆腐を厳選。国産大豆を贅沢に使用していて、口当たり滑らか。麻婆豆腐に合う、濃厚な味わいをご賞味あれ!

『ぷるぷる杏仁豆腐』420円

熱々で辛い麻婆豆腐を食べたあとは、ひんやり冷たい『ぷるぷる杏仁豆腐』はいかが?杏の核を固めて作る杏仁豆腐は自家製。すっきりとした優しい甘さに癒やされるはず♪

・その他、定番の四川料理も!

『四川棒棒鶏』1,150円 ※1日5食限定

夜のみ提供し、1日5食限定の『四川棒棒鶏』。甘み、辛味、酸味が三位一体となった、店主特製の自家製タレが絶品!リピート率も高く、同店自慢の一品です。

ピリッと辛く、お酒が進むこと間違いなし!ランチタイムでも、店内が混んでいなければ注文可能なので、気になる人はスタッフに声かけを。

『四川搾菜』380円

元々はランチのセットのみで提供していた『四川搾菜(ザーサイ)』。お客さんからの要望に応え、単品メニューとして登場しました。ほど良い塩味とラー油のピリ辛さが絶妙。ザーサイのコリコリ食感が堪らず、食べ進める手が止まりません!お酒のおつまみにもピッタリですよ。

本場四川の本格的な料理が楽しめる「天府之國」。店主こだわりの素材や香辛料で作る絶品の四川料理は、一度食べるとまた食べたくなるはず♪ぜひ一度訪れてみては?

■詳細情報

■DATA

天府之國(テンフノクニ)

所在地
兵庫県神戸市垂水区清水が丘3-6-21 舞子八木マンション
営業時間
ランチ/11:00〜L.O.14:00
ディナー/17:00〜L.O.20:30

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年12月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP