兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.11.11
1,347 views

【神戸元町】「HANAZONO CAFE」旬の食材を使った話題のインスタ映えパフェ!

神戸市中央区、JR元町駅から徒歩5分ほどの場所にある「HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)」。創業17年という長い間、地元の人から愛されている人気店です。お店のコンセプトは“お食事もしっかりと摂っていただけるカフェ”。兵庫県産の食材を中心に、できるだけ国産のものを使用したランチやスイーツが堪能できます。おしゃれな店内でゆっくりと食事の時間を楽しんで♪

・「HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)」

神戸市中央区、元町にある「HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)」は、JR元町駅から歩いて5分ほど、東側の路地を少し行くとビルの2階にあります。上を見上げるとシンプルな小さい看板がトアロードらしい街並みに溶け込んでいます。

店に入る前からメニューを見て選ぶ事もできます。入口にある、ピンク色のかわいらしい看板を目印に訪れて。

全体的にナチュラルな風合いが爽やかな店内。テーブルが15席、ソファが2席、カウンターが4席あります。特にソファにこだわったそうで、ゆったりとくつろげる大きめなソファが特徴的です。

他には、カウンターで目の前の大きな窓から外を眺めることができたり、ベンチシートがあったりとその日の気分に合わせて席を選んだら、ゆっくりと食事の時間を楽しんで♪


・兵庫県産の食材を使用したおすすめのランチ

『ハナゾノ御膳』1,250円  ※11月16日までの期間限定

ランチの中でもオーナーのおすすめは『ハナゾノ御膳』。ご飯とみそ汁、副菜が6品と体に優しいヘルシーな御膳で、取材日のメインは豚ヒレの唐揚げ。外はサクサクの衣で中はやわらかくジューシー!脂肪分が少ないので揚げているのに重くなくパクパクと食べられます。野菜は兵庫県産のものを中心に使っていて、どれもシンプルな味つけ。素材の旨味をしっかりと味わえます。みそ汁には丹波産の赤みそを使用していて、クセがなくまろやか。兵庫県産の古代米(赤米、緑米)と、淡路産の紫黒米を混ぜて炊いたご飯は、栄養価が高く、ほんのり甘みがあります。

『ハナゾノ御膳』1,250円 ※11月17日からの期間限定

11月17日(木)から始まる『ハナゾノ御膳』のメインは豚ロースの西京焼き。副菜は里芋と人参の煮物、ほうれん草の胡麻和え、酢れんこん、鱈の唐揚げおろしポン酢、ゆずゼリーに変わります。

意外にも平日より土日の11:00〜14:00ごろが空いているそう。特にオープンしてすぐが一番の狙い目なんだとか。『ハナゾノ御膳』は数量限定なので、気になる人は早めに来店を。

・人気No.1の期間限定フルーツパフェ!

『フルーツパフェ(シャインマスカット)』1,650円 ※9月〜11月中旬ごろまでの期間限定

同店の人気No.1は、季節のフルーツを使用した『フルーツパフェ』。取材日は、岡山県産のものを使った、今が旬のシャインマスカット。器からこぼれおちそうなほどふんだんに盛られていて、インスタ映え間違いなしです!SNSでも特に注目を集めていて、パフェを目当てに来る人も多いそう。

上に飾られた薄いクッキーのチュイルは、オレンジジュースと砂糖を混ぜ込んで焦がしたもので、ほのかなオレンジ風味がアクセントになっていて、生クリームにつけて味変も楽しめます。見るからにみずみずしい果肉のシャインマスカットは絶品!底にはレモンゼリーが入っていてすっきりするので、ぺろっと最後まで食べられます。

フルーツパフェ(ラ・フランス)』1,250円、『モンブランパフェ』1,650シャインマスカットの提供が終わり次第開始

シャインマスカットの提供が終わり次第始まる『フルーツパフェ(ラ・フランス)』。ラ・フランスを丸ごと一玉を使用した贅沢な一品です。土台にはレモンゼリーやパンナコッタが入っているので後味さっぱり。ラ・フランスのジェラートも豪快にのっていて、口の中に入れた瞬間、爽やかな酸味と甘味が広がります。

『モンブランパフェ』は、ミルクティパンナコッタ、マロンジェラートの上にたっぷりのマロンクリームのモンブランを絞った秋らしいパフェ。どちらもこの時期にしか味わえない旬の味なので、ぜひご賞味あれ。提供開始日は同店の公式Instagramをチェックして➡公式Instagramはこちら



・手軽に楽しめるフルーツスムージー

『マスカットスムージー』980円 ※11月ごろまでの期間限定

期間限定の『マスカットスムージー』にも注目を。テイクアウトやもう少し手軽にフルーツを楽しみたい人におすすめです。マスカットと氷を混ぜて砕いたスムージーは、マスカットらしいさっぱりとしたのど越し。スムージーの上には生クリームとシャインマスカットが盛られているので、思う存分に堪能したら、あとはスムージーを最後の一滴まで飲み干して。こちらも11月中旬〜下旬ごろまでなので、無くなる前に注文を。

シャインマスカットの提供が終わり次第、『ラ・フランススムージー』(950円)になるのだそう。季節で変わるメニューは、四季折々の時間を堪能できるので、一つの楽しみにしてみては。

・スイーツとドリンクが一度に楽しめるmimi(ミミ)ラテシュー

『生チョコレートといちごのmimiラテシュー』1,150円

開業当時のオーナーが、「ドリンクのみのお客さまにちょっとしたスイーツも」と考え生まれたのが、mimi(ミミ)ラテシュー。ドリンクの上にドーナツを乗せて販売したところ、これが大ヒットとなりシリーズ化したのだとか。フランス語でmimiというのは、かわいいという意味。ちょうど良いサイズのスイーツがカフェラテの上にちょこんとかわいらしく乗っています。

チョコのしっとりとしたシュー生地に、ホワイトチョコを使用した生チョコにイチゴが挟まれていて、アクセントに少量のオリーブで塩気をプラス。イチゴの酸味と生クリームが相性抜群です!手軽にワンハンドで楽しめるサイズ感がうれしいですね。

『生チョコレートとオレンジオレオのmimiラテシュー』1,150円

チョコ好きには外せない一品。チョコのシュー生地の間に生チョコとオレオを贅沢に挟んでいます。ちょっぴりビターなチョコと上からかけた酸味のあるオレンジソースが少し大人向けの味わいに。やわらかさの中にオレオのサクッとした食感がクセになりそう。

『苺のブリュレmimiラテシュー』、『渋皮栗のブリュレmimiラテシュー』99011月下旬~12月上旬開始

ラ・フランスの提供が始まると同時にmimiラテシューも変わります。『苺のブリュレmimiラテシュー』はイチゴソースとカスタードクリーム、『渋皮栗のブリュレmimiラテシュー』はキャラメルソースとカスタードクリームのシュークリームに、どちらも表面にキャラメリゼで仕上げています。

mimiラテシューは常時2種類がスタンバイ。テイクアウトも可能です。おしゃれな街並みをバックにしてかわいらしいドリンクを片手に写真をとってみては。

■詳細情報

■DATA

HANAZONO CAFE(ハナゾノカフェ)

所在地
兵庫県神戸市中央区北長狭通3丁目12−3
電話番号
078−331−3905
営業時間
11:30〜21:00(L.O.20:00)
※貸切PARTYの利用は最長22:30までOK

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年10月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP