兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.12.7
1,590 views

【神戸・三宮周辺】2022年のイルミネーション7選!冬のデートやお出かけにおすすめ♪

冬の澄んだ空気に、煌めく輝きを放つイルミネーション。神戸・三宮・北野など、神戸市内のイルミネーションスポット7カ所を紹介します。「メリケンパーク」や「布引ハーブ園」などの定番スポットのほか、北野異人館街がライトアップされる「神戸・北野クリスマスストリート」などをピックアップ。クリスマスデートやお出かけがてら訪れて、ロマンチックなひとときを過ごしてみては?

1.光の回廊「KOBE LIGHT MESSAGE in 2022」(JR三ノ宮駅南側歩道橋)

JR三ノ宮駅の、南側にある歩道橋一帯がブルーライトで彩られる「光の回廊」。2008年から始まった同イベントは、環境に配慮して電力の一部を自然エネルギーに変える取り組みとして行っています。15回目となる今年のテーマは、「街の活力向上・地域連携・エコロジー」。神戸市が環境問題の啓発をしながら街を盛り上げてくれます。

エリア内にある4ヵ所の歩道橋を中心に約10万球のLEDライトが華やかに彩り、歩く人たちの気分を高めてくれそう。ブルーに輝く回廊を買い物ついでに歩いてみて。

■詳細情報
住所:神戸市中央区三宮駅南地区デッキ
入場料:無料
開催期間:2022年11月18日(金)〜12月25日(日)
点灯時間:17:30〜23:00
問合せ先:三宮駅南・光のデッキ回廊委員会
公式HP:https://hikari-kairou.jp/


2.SOL’s CHRISTMAS(神戸国際会館SOL)

神戸市中央区「神戸国際会館SOL」で、11月10日(木)~12月25日(日)の間「SOL’s CHRISTMAS」を実施。館内には大きなクリスマスツリーが登場し、1階の「サンクンガーデン」ではオーナメントも展示。11階の屋上庭園「そらガーデン」もクリスマス仕様にライトアップされ、会場全体がクリスマスムードで賑わいます。

屋上庭園は、兵庫県出身のプラントハンター西畠清順(にしはたせいじゅん)氏がプロデュース。シンボルツリーとなるのは、樹齢約500年のオリーブの樹。世界各国から集まった植物たちが、シンボルツリーを囲むように配置され、LEDライトとムービングライトで華やかに煌めきます。

JR・阪神・阪急三宮駅から徒歩5分ほどなので、お出かけがてら立ち寄ったり、仕事帰りにふらっと訪れたりするのもおすすめです。

■詳細情報

住所:兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館 SOL 11F屋上庭園そらガーデン、1Fサンクンガーデン
入場料:無料
開催期間:11月10日(木)~12月25日(日)
営業時間:17:00 ~ 23:00 (入園は10:00より可)
問合わせ先:神戸国際会館 SOL 078-230-3199
公式HP:https://www.kobe-sol.jp/

3.南京町ランターンフェア(南京町)

神戸市元町にある南京町は、日本三大チャイナタウンの一つ。毎年開催される「南京町ランターンフェア」は、南京町広場で400個以上の中国提灯が吊るされる中国情緒あふれる光の祭典です。点灯式は12月9日(金)19:00〜開催。18日(日)までは、“ロソーネ”も一緒に展示されます。“ロソーネ”とは、イタリア語でバラ窓という意味で、「神戸ルミナリエ」で展示されているアーチ型のイルミネーション作品。今年もこの広場に期間限定で登場するので、異文化の融合が見られるスポットとしておすすめです。

19日(月)からは、小財神の財財・來來の巨大バルーン人形を展示。温かみのある暖色に包まれた南京町を堪能してみて。

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通1-3−18 組合事務局
入場料:無料
開催期間:2022年12月9日(金)〜2023年1月9日(月)
点灯時間:16:00〜22:00ごろ
問合せ先:南京町商店街振興組合
公式HP:https://www.nankinmachi.or.jp/



4.北野クリスマスストリート(北野坂)

神戸市北野にある北野異人館街で、街路樹がライトアップされる「北野クリスマスストリート」。友好提携を結んでいるフランスのパリ、モンマルトル地区からアドバイスを受けたLEDのイルミネーションがきらびやかに輝きます。北野を象徴とする風見鶏の館も一緒にライトアップされるので、北野らしい異国情緒あふれる街で特別な時間を過ごしてみて。

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-24
入場料:無料
開催期間:2022年11月1日(火)〜2023年3月31日(金)
点灯時間:17:00〜23:00
問合せ先:一般財団法人 神戸観光局
公式HP:https://www.feel-kobe.jp/

5.森のクリスマスツリー(神戸布引ハーブ園)

神戸の街並みが一望できる神戸布引ハーブ園は、イルミネーションのスポットとして毎年人気があります。同園で今年新しく登場したのが、高さ25メートルものメタセコイアの巨大なクリスマスツリー。約1,000球の電飾がダイナミックにともされ、森の中でひときわ輝くクリスマスツリーは圧巻!オリジナルBGMも流れ幻想的な、空間が広がります。

クリスマスツリーの登場に合わせて、特別ナイター営業も実施。ツリー鑑賞エリアに加えて、普段は夜間に入ることができないグラスハウスエリアも開園します。神戸の夜景を眺望しながら、クリスマスの雰囲気を思う存分味わって。

■詳細情報
住所:兵庫県神⼾市中央区北野町1-4-3 ラベンダー園 ⼭側(⼭頂駅からガーデンエリアを下り徒歩約5分)
入場料:高校生以上1,800円 小・中学生900円 ※7歳未満は無料
※クリスマス特別ナイター営業時の料金も同様
※いずれもロープウェイ往復乗車料+ハーブ園入園料
開催期間:2022年11月18日(金)〜12月25日(日)
点灯時間:16:30〜17:00
※クリスマスナイター営業時は20:30まで
※他のエリア、ロープウェイの運行時間などの詳細は公式HPで確認を。
問合せ先:神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ
公式HP:www.kobeherb.com

6.メヤメヤ(メリケンパーク)

神戸海洋博物館・噴水広場

神戸市中央区の「メリケンパーク」に、期間限定で現れる色鮮やかな光。今年は「自然と太陽のめぐみを未来につなぐ光」 をテーマで展開し、幻想的なイルミネーションが一面に広がります。「メヤメヤ」はメリケンパークの頭文字「メ」と「夜(ヤ)」から作られた造語。100年後に「メヤメヤ」という言葉が意味を持つことを願って作られたそう。

「Electric Fish Dance / 踊ろよフィッシュ!」をコンセプトに、”自然や太陽の恵み”であるといえる魚は、”お互いを知り生きている”と想像。言葉による会話だけでなく、表現で伝え合うことで”とりまくものを感じる”人の感性を大切にしながら発展していく神戸ウォーターフロントの未来を描いています。

海洋博物館の屋根を「だんじり」に見立て、カラフルにライトアップ。噴水広場では、自然の恵が足元に現れることを表現し、噴水が美しく色づきます。

広場・回廊

広場・回路エリアは、フロアプロジェクションマッピングにより、地面が煌びやかに彩られます。人の影が七色に変わる演出もあり、子どもも大人も心躍ること間違いなし!ウォーターフロント内に広がる新感覚のイルミネーションを堪能して。

■詳細情報

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2
入場料:無料(一部有料)
開催期間:12月22日(木)~12月31日(土)
時間:17:00~21:05
公式Instagram:https://www.instagram.com/meyameya_kobe/

7.Suma Rikyu ルミエール~ 紅葉と噴水のファンタジー ~(須磨離宮公園)

神戸市須磨区にある「須磨離宮公園」で開催される「Suma Rikyu ルミエール~ 紅葉と噴水のファンタジー ~」。11月19日(土)〜12月25日(日)までの期間中、土日・祝日限定でイルミネーションが楽しめます。

もみじのライトアップ

12月11日(日)までは「もみじのライトアップ」を開催!植物園内にある和庭園やもみじ滝などが赤や黄、緑のライトに照らされ、幻想的な雰囲気に。昼間とはひと味違った紅葉を満喫して。

噴水広場イルミネーション

本園エリアの噴水広場では「噴水広場イルミネーション」が同時開催されます。噴水と光の融合が美しく、水しぶきがまぶしく輝きます。バラ園でもある噴水広場では、バラとイルミネーションのコラボレーションを堪能することも。週末はぜひ、足を運んでじっくり鑑賞してみては。

■詳細情報

住所:兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1 本園エリア 噴水広場
入場料:15歳以上400円、小・中学生200円
開催期間:11月19日(土)~12月25日(日) ※「もみじのライトアップ」は12月11日(日)まで
営業時間:17:00 ~ 20:00
問合わせ先:市立須磨離宮公園 078-732-6688
公式HP:https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/

 

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年11月21日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP