兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2023.5.21
2,249 views

【神戸元町】「SLOTH COFFEE(スロースコーヒー)」人気の韓国っぽカフェがオープン!

神戸市中央区元町に、大阪・堀江で人気の「Abel coffee(アベルコーヒー)」の系列店が2023年3月にオープン。フィナンシェやカヌレなどの焼き菓子とコーヒーがメインのカフェです。無機質なインテリアが並ぶ“韓国っぽカフェ”は神戸でも珍しいので、要チェック。Instagramで紹介される期間限定の焼き菓子にも注目を。

・「SLOTH COFFEE ROASTERS(スロース コーヒー ロースターズ)」

神戸市中央区、JR・阪神元町駅から徒歩3分ほどのところにある「SLOTH COFFEE ROASTERS(スロース コーヒー ロースターズ)」。大阪の堀江で人気の「Abel coffee(アベルコーヒー)」の系列店として2023年3月7日にオープンしました。元町商店街のメイン通りから路地に入ったところにあり、隠れ家的な雰囲気ながら、オープン当初から開店と同時に満席になるほどの人気店です。光が差し込む開放的な窓際の席は特に人気なので、開店直後が狙い目です。

店内はダークトーンの木目の家具と黒の家具で統一され、韓国っぽい無機質な落ち着いた空間。神戸でも珍しい“韓国っぽカフェ”として話題です。シックな内装はシンプルなドリンクと焼き菓子がインスタ映えすること間違いなし。


・コーヒーと焼き菓子のペアリングがおすすめ

スイーツは店内で手作りされた焼き菓子が常時5~6種類並びます。どの焼き菓子も、コーヒーとの相性を考えて作られているので、オーダー時にコーヒーとのペアリングを相談してみて。

左から『 SLOTH LATTE』650円、『フィナンシェ』300円、『ディアマンクッキー』420円

取材日にチョイスした焼き菓子は『フィナンシェ』と『ディアマンクッキー』。ピーカンナッツを使用したフィナンシェは、しっとりとした食感で、焦がしキャラメルのような香ばしく甘い香りが口の中に広がります。

「ディアマン」とはフランス語でダイヤモンドのこと。クッキーの表面の砂糖がダイヤモンドの粒子に見えることからこう呼ばれていて、食感がザクザクするのがポイント。食べるとサクサク&ホロホロっとほどけて、ほんのりバターの風味が口いっぱいに広がります。どちらのスイーツもコーヒーとの相性バッチリなので、ぜひ一緒にオーダーしてみて。期間限定の焼き菓子も登場するので公式Instagramでチェックして。➡︎公式Instagramはこちら

同店人気No.1のドリンクは店名にもなっている『SLOTH LATTE(スロースラテ)』。ヘーゼルナッツテイストのミルクに濃厚なエスプレッソを加えたドリンクです。自家製のピーナッツクリームをのせて、仕上げに砕いたピーナッツをトッピングしているので、まずは混ぜずにそのまま飲むのがおすすめ。少し甘いドリンクが好きな人はピーナッツクリームをしっかり混ぜれば、ほんのり甘くなり飲み心地がまろやかに。単品でも楽しめるドリンクですが、同店のおすすめは、焼き菓子をピーナッツクリームにディップする飲み方だそう。

『ストロベリーソーダ』700円

暑い日のおすすめは『ストロベリーソーダ』。ソーダにたっぷりのイチゴの果肉が入っていて、トッピングのミントが爽やかさを引き立てている春らしいドリンクです。焼き菓子は濃厚な味わいのものが多いので、さっぱりしたドリンクを飲みたい人におすすめ。

・テイクアウトもOK


全てのドリンクとすべての焼き菓子がテイクアウトOKです。テイクアウト用のボックスに詰めてもらえるので、手土産にもぴったり。オープンしたばかりの同店の焼き菓子は話題になること間違いなしです。

2023年3月7日にオープンした「SLOTH COFFEE ROASTERS」。神戸でも珍しい韓国っぽい雰囲気が楽しめる同店は、無機質でシックなインテリアがおしゃれと話題です。焼き菓子はすべてテイクアウトOKなので、手土産やプチギフトにいかがでしょうか。

■詳細情報

■DATA

SLOTH COFFEE ROASTERS(スロース コーヒー ロースターズ)

所在地
兵庫県神戸市中央区元町通3-3-5
営業時間
11:00~19:00(L.O.18:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年4月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP