兵庫県神戸市エリアの地域情報サイト KOBERU[コベル]
2022.11.29
1,408 views

【神戸元町】「KAYA cafe KOBE」ヘルシーな豆腐&豆乳スイーツを“COZY”な空間で♪

神戸市中央区、JR・山陽電車元町駅から南へ徒歩5分の場所にある人気のカフェ「KAYA cafe(カヤカフェ)神戸もとまち店」。こぢんまりとした雰囲気の中に年代物の古道具が飾られた空間と、豆乳や豆腐が主役のヘルシーなスイーツが話題のお店です。升(ます)に入った豆腐スイーツは、一目見ただけで胸キュンすること間違いなし!「KAYA cafe KOBE」で、心にときめきと和みをもたらす素敵なカフェタイムを堪能してみては?

・「KAYA cafe(カヤカフェ)神戸もとまち店」

神戸市中央区、JR・山陽電車元町駅から南へ歩くこと5分。隠れ家カフェが多い栄町にあるショップの中で女性に支持されている人気カフェ「KAYA cafe(カヤカフェ)神戸もとまち店」があります。

お店があるのは古い雑居ビル「ハーバービル」の3階。店名が書かれた看板を目印に訪れて。

コンセプトは「古道具が溢れたCOZYカフェ」。“COZY”とは英語で「居心地の良い」の意味です。「古い物を新しい空間や時代の中に取り込み、その魅力を伝えたい」との思いで、大阪にある中崎町に1号店をオープンしたそう。その思いは2号店でも継承されていて、古めかしさと新しさが融合した素敵な空間を作り上げています。

店に一歩足を踏み入れると、どこか懐かしさが漂うノスタルジックな空間が。ショップコンセプトを象徴するような安心感や居心地の良さを感じさせます。コンクリート打ちっぱなしの無機質な空間に、ヴィンテージ家具やオシャレな古道具が飾られるなど、空間作りへのこだわりが細部にまで伝わります。

「本物のヴィンテージの魅力を身近に知ってほしい」と、お客さんが腰掛けるチェアやテーブルは、日本国内のほか、フランスやベルギーといったヨーロッパから取り寄せた年代物を取り入れているそう。中には100年以上も前の貴重なものも!一点一点の家具に色あせや傷みといった味があり、その中に宿る命や歴史が感じられます。ぜひ肩を張らずにカフェを楽しみながらヴィンテージの魅力を体感してみて。


・低糖質がうれしい『豆腐ティラミス』

『抹茶ティラミス』550円

同店の看板商品は、低糖質のオリジナルスイーツ『豆腐ティラミス』。かわいらしい升(ます)の器に入って登場するのも見どころポイント!中には、エスプレッソを浸したスポンジの上に、厳選した絹ごし豆腐と豆乳、黒糖で作った「豆腐クリーム」をイン。トップにはフレーバーごとにパウダーや生クリーム、フルーツなどがトッピングされています。

8種類の定番フレーバーの中で人気No.1は『抹茶ティラミス』。豆腐クリームのあっさりとした甘さに抹茶の風味がマッチ!甘すぎない味わいと、とろ~っとなめらかな口当たりがクセになり、ペロッと食べられる一品です。

『抹茶ティラミス』550円、『白玉』 + 132円、『あんこ』 +110円

お好みで白玉やあんこなどのトッピングを追加することも可能。白玉とあんこのダブルトッピングなら、こしあんの黒と白玉の白が交互に飾られてインスタ映えな仕上がりに。「甘さ控えめの『豆腐ティラミス』に白玉のモチモチ感とあんこの甘さが合う!」と、味にも定評があります。

豆腐と豆乳を使った『豆腐ティラミス』はそのまま食べても腹持ち抜群ですが、トッピングで白玉を追加すると、さらに食べ応えと満足感がアップ!「口の中や胃はスッキリしているのに、お腹が膨れる」というような不思議な感覚が食後も長く続くので、食事制限中や健康志向な人にもぴったりです。

『お芋の里ティラミス お芋盛り』979円 ※2022年12月末ごろまで販売

期間限定フレーバーもフルーツの旬や月ごとに登場します。取材日は、黄金色に輝く大学芋がのった秋冬らしいフレーバー『お芋の里ティラミス』が登場。飴のテリがおいしさを物語っています。中は真っ白な豆腐クリームではなく、紫芋ペーストが混ぜ込まれた“紫芋の豆腐クリーム”が。大学芋をお腹いっぱい味わいたい人は『お芋盛り』(通常価格 + 220円)、インスタ映えを狙うならお皿の上を大学芋で埋め尽くす『お芋皿盛り』(通常価格 + 440円)をオーダーしてみて。

・濃厚×ヘルシーな『TOFUスムージー』

『豆腐バナナジュース』715円

『豆腐ティラミス』だけでなく、豆乳のドリンクも豊富にスタンバイ。定番の『豆腐バナナジュース』は、豆乳だけでなく絹ごし豆腐も一緒にバナナと混ぜ合わせているので、どろっと濃厚で腹持ちする一杯。甘さはバナナの自然な甘さのみ。まろやかなのに大豆臭くないのは完熟バナナを使用しているから。極限まで甘さを引き出してから冷凍した完熟バナナと、フレッシュな風味のバナナの2種を使うことがこだわりです。

『蜂蜜きな粉ジュース』(660円)や『抹茶と小豆の恋豆腐ラテ』(935円)など、ユーモラスな豆乳ドリンクもスタンバイ。ドリンクが入った牛乳瓶を片手に、幼少期のような懐かしさに浸ってみて。



・特製炊き込みごはんにこだわるオムライスも

『ハッシュドビーフオムライス』990円

とろとろ卵のオムライスやパスタなど、オシャレなフードメニューにも注目を!同店のスイーツはどれも後味が軽くあっさりした味わいが特徴的ですが、フードメニューは洋風で味も濃厚。

中でもイチオシは、“秒で無くなるオムライス”の異名でSNSで話題となったオムライス。オリジナルブレンドの出汁で炊き込んだ特製炊き込みご飯をふわとろ卵で包み、ハッシュドビーフをかけた『ハッシュドビーフオムライス』が女性客に大人気です。一般的なオムライスはバターでコクを出しますが、同店ではバルサミコ酢を隠し味に使うことで、さっぱりとしながらも奥深い味わいに。バルサミコ酢の酸味と相性抜群のコク深いハッシュドビーフをたっぷり絡めて召し上がれ。

美肌や腸活など、体へのうれしい効果も期待できる『豆乳ティラミス』が自慢の「KAYA cafe」。古道具が飾られるノスタルジックな雰囲気も楽しみながら、心と体を満たす素敵なカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報

■DATA

KAYA cafe(カヤカフェ)神戸もとまち店

所在地
兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-18 ハーバービル3階
電話番号
078-381-6558
営業時間
11:00~19:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年11月7日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP